【速報】北島康介、ブロックチェーン活用の競泳プロチーム運営に意欲。「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携

「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携、web3.0化プロジェクト開始

Fracton Ventures株式会社とParadeAll株式会社が、競泳の国際プロリーグであるインターナショナル・スイミング・リーグ(ISL)の「Tokyo Frog Kings」とのパートナーシップ契約の締結を発表した。

ISLは2019年に創設された世界トップの選手がチーム対戦方式で戦う競泳の国際プロリーグ。2021年シーズンはヨーロッパ、北アメリカ、アジアから全10チームが出場する。そしてこのリーグに所属する「Tokyo Frog Kings」は、競泳金メダリスト北島康介氏がゼネラルマネージャーを務めるアジア初の国際チームだ。

北島康介氏率いる「Tokyo Frog Kings」

今回のパートナーシップによって、「Tokyo Frog Kings」をWeb3.0ネイティブなプロスポーツチームとする為の共同プロジェクトを開始するとのことだ。

この競泳プロチームのWeb3.0化という試みは、プロスポーツチームが率先してWeb3.0のテクノロジー及び考え方、アプローチを採用することで、チームとしていかに新しい取り組みを行えるか、またいかにサスティナブルな組織・チームを構築できるかといった観点で実施されるものとのこと。

そして具体的には、「海外Web3.0プロジェクトとの協業」や「ファンがチームにより貢献できるNFTを活用した商品の共同企画」、「海外選手との資金のやり取りを行う際の暗号資産の活用可能性についての共同調査」を実施するとのこと。

そして「サスティナブルなチーム運営のためのビジネスモデルの多様化」を目指して「トークンエンジニアリングを念頭おいた、チームスタッフやアスリートのインセンティブモデルの設計」なども行なっていくとのことだ。

北島康介「やりたいことはいっぱいある」とブロックチェーン活用に意欲

また昨日、Fracton Venturesとあたらしい経済の共催イベント「進化するインターネット”Web3.0”」に北島康介氏がゲストで登壇した。

イベントのテーマは「Web3.0社会とスポーツチーム」

今回の提携発表前に、パートナーシップに関する想いをそのイベントで編集部は北島氏に訊いた。

提携について北島氏は「(ISLは)既存にある各競技のプロリーグと違い世界中を巻き込んだリーグなので、あたらしい形のチームを僕ら作っていかなければいけないという課題がある。その中でWeb3の技術を活用して、彼ら(Fracton Ventures/ParadeAll)と一緒に挑戦したい、あたらしい組織を作っていきたい、そういう強い思いがあってご一緒することになりました」と話した。

またどのようにブロックチェーン技術を活用したいかに関して北島氏は「やりたいことはいっぱいあるんです」と意欲を見せた。

具体的には「例えば契約のやりとりや、選手の引退後の年金のようなものを暗号資産で賄える仕組みだとか、ファンとの繋がりへ活用し長く愛してもらえるチームづくりなど、沢山あるんですが、そういったことが一本化できるのがブロックチェーン・Web3の技術だと思っていて、これから挑戦していきたい、今後に注目していただきたいと思ってます」と語ってくれた。

まさにこれからオリンピックで多くのスポーツ、そして競泳も盛り上がっていくタイミングだ。そして8月末から開催される国際リーグで、北島康介氏が率いる「Tokyo Frog Kings」が新しいテクノロジーを活用していくかに注目だ。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored