【速報】北島康介、ブロックチェーン活用の競泳プロチーム運営に意欲。「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携

「Tokyo Frog Kings」がフラクトン、パレードオールと提携、web3.0化プロジェクト開始

Fracton Ventures株式会社とParadeAll株式会社が、競泳の国際プロリーグであるインターナショナル・スイミング・リーグ(ISL)の「Tokyo Frog Kings」とのパートナーシップ契約の締結を発表した。

ISLは2019年に創設された世界トップの選手がチーム対戦方式で戦う競泳の国際プロリーグ。2021年シーズンはヨーロッパ、北アメリカ、アジアから全10チームが出場する。そしてこのリーグに所属する「Tokyo Frog Kings」は、競泳金メダリスト北島康介氏がゼネラルマネージャーを務めるアジア初の国際チームだ。

北島康介氏率いる「Tokyo Frog Kings」

今回のパートナーシップによって、「Tokyo Frog Kings」をWeb3.0ネイティブなプロスポーツチームとする為の共同プロジェクトを開始するとのことだ。

この競泳プロチームのWeb3.0化という試みは、プロスポーツチームが率先してWeb3.0のテクノロジー及び考え方、アプローチを採用することで、チームとしていかに新しい取り組みを行えるか、またいかにサスティナブルな組織・チームを構築できるかといった観点で実施されるものとのこと。

そして具体的には、「海外Web3.0プロジェクトとの協業」や「ファンがチームにより貢献できるNFTを活用した商品の共同企画」、「海外選手との資金のやり取りを行う際の暗号資産の活用可能性についての共同調査」を実施するとのこと。

そして「サスティナブルなチーム運営のためのビジネスモデルの多様化」を目指して「トークンエンジニアリングを念頭おいた、チームスタッフやアスリートのインセンティブモデルの設計」なども行なっていくとのことだ。

北島康介「やりたいことはいっぱいある」とブロックチェーン活用に意欲

また昨日、Fracton Venturesとあたらしい経済の共催イベント「進化するインターネット”Web3.0”」に北島康介氏がゲストで登壇した。

イベントのテーマは「Web3.0社会とスポーツチーム」

今回の提携発表前に、パートナーシップに関する想いをそのイベントで編集部は北島氏に訊いた。

提携について北島氏は「(ISLは)既存にある各競技のプロリーグと違い世界中を巻き込んだリーグなので、あたらしい形のチームを僕ら作っていかなければいけないという課題がある。その中でWeb3の技術を活用して、彼ら(Fracton Ventures/ParadeAll)と一緒に挑戦したい、あたらしい組織を作っていきたい、そういう強い思いがあってご一緒することになりました」と話した。

またどのようにブロックチェーン技術を活用したいかに関して北島氏は「やりたいことはいっぱいあるんです」と意欲を見せた。

具体的には「例えば契約のやりとりや、選手の引退後の年金のようなものを暗号資産で賄える仕組みだとか、ファンとの繋がりへ活用し長く愛してもらえるチームづくりなど、沢山あるんですが、そういったことが一本化できるのがブロックチェーン・Web3の技術だと思っていて、これから挑戦していきたい、今後に注目していただきたいと思ってます」と語ってくれた。

まさにこれからオリンピックで多くのスポーツ、そして競泳も盛り上がっていくタイミングだ。そして8月末から開催される国際リーグで、北島康介氏が率いる「Tokyo Frog Kings」が新しいテクノロジーを活用していくかに注目だ。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。