米ユニバーサルミュージックがNFT販売へ、Curioと提携で

米ユニバーサルミュージックがCurioと提携し、NFT販売へ

米ユニバーサル・ミュージック・グループ(UNIVERSAL MUSIC GROUP:UMG)がNFT事業に参入することが分かった。UMGはワーナー・ミュージック・グループ、ソニー・ミュージックエンタテインメントと共に、世界3大レーベルのひとつに数えられる音楽関連企業だ。

UMGは2月17日、自社のレーベルや所属アーティストの公式NFTのプロジェクトを立ち上げることを発表した。NFTプラットフォーム「キュリオ(Curio)」と提携し、NFTを販売していくとのこと。

「キュリオ」はエンターテインメントブランドや音楽アーティスト向けのNFTプラットフォームだ。同社の共同創業者兼共同CEOのベン・アーノン(Ben Arnon)氏は、UMGで勤務経験がある人物とのこと。

発表によると両社は既に第1弾のプロジェクトを進めており、3月にはUMGのレーベルであるキャピトル・ミュージック・グループ(Capitol Music Group)所属アーティストのカルム・スコット(Calum Scott)のNFTを販売する予定とのこと。今後数週間のうちに詳細が明らかになる予定だという。

なおUMGと共に世界3大レーベルに数えられるワーナー・ミュージック・グループでは、2019年にカナダのブロックチェーン企業で独自ブロックチェーン「フロウ(FLOW)」を提供するダッパーラボ(DapperLabs)への1,100万ドルの投資ラウンドに参加し、出資を行っている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達

参考:UMG
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Davizro

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している