著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達

分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達

分散型音楽配信サービスの「Audius」が約52億円(500万ドル)を調達したことが9月17日に分かった。

「Audius」は2020年10月にローンチした、ブロックチェーンとトークンエコノミーを活用したSpotifyやSoundCloudのような音楽ストリーミングサービスだ。独自通貨「AUDIO」の発行と供給を行うことで分散化したノード運用を可能にしている。

オーディアスの統計データによれば、9月現在のマンスリーアクティブユーザーは、600万人を超えている。

そして「Audius」の発表によれば、今回出資したのは著名アーティストらで、Katy Perry、Nas、The Chainsmokers、Jason Derulo、Pusha T、Steve Aoki、Linkin ParkのMike Shinoda、Disclosureなど。なおThe ChainsmorkersはMantis VCを通じての出資となる。

また「The Block」は、Sony Musicの元CEO Martin Bandier、投資会社K5 GlobalのCEO Michael Kives、演奏権団体SESACのCEO John Josephsonなども出資したと報じられている。

なお「Audius」は8月にTikTokとの連携機能を追加したことも大きな話題となった。また「Audius」は現在イーサリアム上でサービス展開しているが、今後はソラナ(Solana)に移行する予定であることも発表されている。

「Audius」とは何か、詳しく知りたい方は合わせて動画もチェック!

実際に「Audius」を使いながらサービス概要について説明しています。

YouTube:【解説】TikTokと連携!分散型音楽配信サービス「Audius(AUDIO)」とは?

デザイン:一本寿和
images:iStocks/master1305・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。