著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達

分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達

分散型音楽配信サービスの「Audius」が約52億円(500万ドル)を調達したことが9月17日に分かった。

「Audius」は2020年10月にローンチした、ブロックチェーンとトークンエコノミーを活用したSpotifyやSoundCloudのような音楽ストリーミングサービスだ。独自通貨「AUDIO」の発行と供給を行うことで分散化したノード運用を可能にしている。

オーディアスの統計データによれば、9月現在のマンスリーアクティブユーザーは、600万人を超えている。

そして「Audius」の発表によれば、今回出資したのは著名アーティストらで、Katy Perry、Nas、The Chainsmokers、Jason Derulo、Pusha T、Steve Aoki、Linkin ParkのMike Shinoda、Disclosureなど。なおThe ChainsmorkersはMantis VCを通じての出資となる。

また「The Block」は、Sony Musicの元CEO Martin Bandier、投資会社K5 GlobalのCEO Michael Kives、演奏権団体SESACのCEO John Josephsonなども出資したと報じられている。

なお「Audius」は8月にTikTokとの連携機能を追加したことも大きな話題となった。また「Audius」は現在イーサリアム上でサービス展開しているが、今後はソラナ(Solana)に移行する予定であることも発表されている。

「Audius」とは何か、詳しく知りたい方は合わせて動画もチェック!

実際に「Audius」を使いながらサービス概要について説明しています。

YouTube:【解説】TikTokと連携!分散型音楽配信サービス「Audius(AUDIO)」とは?

デザイン:一本寿和
images:iStocks/master1305・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行