ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ

ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ

ワーナーミュージックグループ(Warner Music Group)が、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)と提携したことを9月29日に発表した。

両社は提携することで、ワーナーミュージックグループの一部のアーティストがweb3でファンコミュニティを構築、拡張するためのNFTドロップの専用ページを持つことになるという。

またオープンシーのチームがアーティストのNFTプロデュースの役割も担う予定だ。

なお提携の第一弾として、ワーナー・レコードUKがweb3企業であるプロバブリーナッシング(Probably Nothing)と共同プロジェクトを行なっているという。

ワーナーミュージックグループの最高デジタル責任者兼ビジネス開発担当EVPであるオアナ・ルキサンドラ(Oana Ruxandra)氏は「音楽のDNAの基本は、アーティストとファンが一緒になって愛する音楽を祝うコミュニティです。オープンシーとのコラボレーションは、アーティストがより深く関わり、アクセスし、所有する機会を構築するために、web3ツールやリソースを開放することで、こうしたコミュニティの促進を支援します」とリリースで伝えている。

オープンシーのプロダクト担当副社長であるシバ・ラジャラマン(Shiva Rajaraman)氏は「アーティストやミュージシャンにとって、NFTは新しい創造的なメディアであり、コミュニティを構築し、ファンと直接関わり、国境や言語を越えて自己表現するためのメカニズムです。私自身も大の音楽ファンなので、この技術の重要性を理解し、アーティストがファンとのつながりを直接所有できるようにするために、この技術を役立てたいと考えているパートナーと一緒に仕事ができることに興奮しています。私たちは、ワーナーファミリーのアーティストをNFTのエコシステムに迎え入れるためのサポートとインフラを提供できることを嬉しく思っています」とコメントしている。

今年4月にワーナーミュージックグループは、web3プロトコル「POAP(Proof of Attendance Protocol)」と提携し、POAP(デジタル記念NFT)を提供していくことを発表している。

参考:Warner Music Group
images:iStocks/LeMusique
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored