企業向けレイヤー1ブロックチェーン「Chia Network」、米SECにIPO申請

Chia Networkが米SECにIPO申請

低エネルギーで運用可能とする企業向けパブリックブロックチェーン「チアネットワーク(Chia Network)」を提供するチアネットワーク社が、米証券取引委員会(SEC)に「Form S-1(フォームS-1)」を提出したことを4月14日発表した。

「Form S-1」は、米国において新規株式公開(IPO)を行うための証券登録届出書(開示書類)。日本における目論見書や有価証券届出書にあたる書類である。

発表によると今回のチアネットワーク社による「Form S-1」提出は、「秘密裏」による事前申請になるという。これは企業の機密情報を守る手法であり、これにより同社は、正式申請までにIPOの規模を柔軟に変更することが可能になる。

その為今回の発表では、普通株の公開数と値幅は未定と報告されている。IPOはSECの審査手続き終了後、市場その他の条件に沿って開始されることになる。

なおこの発表を受け、「チアネットワーク」のネイティブトークンである「XCH」は価格上昇。40ドル程度だった「XCH」は一時過去最高値となる48.73ドルまで上昇した。なお記事執筆時点(4/17 13:00)では44.7ドルの値を付けている。

「チアネットワーク」はエンタープライズ向けのレイヤー1ブロックチェーン。今回の発表のようにIPOを目指しているため「XCH」はバランスシートに記載される予定である。

同ネットワークを開発するチアネットワーク社は、P2P(Peer to Peer)を用いたファイル転送用プロトコル及びその通信を行うソフトウェア「BitTorrent(ビットトレント)」を開発したブラム・コーエン(Bram Cohen)氏が2017年に米デラウェア州で設立した企業。

「チアネットワーク」では、トランザクション(取引)の検証に独自のコンセンサスアルゴリズム「PoST(Proof of Space and Time)」を用いている。「PoST」では、ハードディスク領域をコンセンサスアルゴリズムの基盤として使用するという。これにより同ネットワークではマイナーやバリデーターの代わりに、ハードディスクやソリッドステートドライブに100GBのハッシュの「プロット」を書き込む「ファーマー(マイナー)」が検証を行うとのことだ。

なおチアネットワーク社は、2021年5月にシリーズBで6,100万ドルの資金調達を実施。同ラウンドにはa16z(アンドリーセンフォロウィッツ)やBreyer Capital(ブレイヤーキャピタル)、True Ventures(トゥルーベンチャーズ)などが出資参加しており、当時伝えられたところによると、同社の評価額は5億ドルとの事だった。

関連ニュース

参考:Chia Network
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TimArbaev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している