ブラジルのデジタル銀行Nubank、米国でIPO申請

ブラジルのデジタル銀行Nubank、米国でIPO申請

ブラジルのデジタル銀行であるヌーバンク(Nubank)の親会社ヌーホールディングス(Nu Holings)が、新規株式公開(IPO)申請を米国証券取引委員会(SEC)とブラジル証券取引委員会(CVM)へ行ったことが10月27日に分かった。

株式公開はSECとCVMがそれぞれの審査プロセスを完了したあと、市場やその他の条件に応じて開始される予定だ。

ヌーバンクは、6月にウォーレン・バフェット氏が会長兼CEOを務めるバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)から約550億円を調達した。その時の企業評価額は約3.4兆円だった。

既存の投資家には中国テック企業のテンセント(Tencent)や米国VCのセコイア・キャピタル(Sequaia Capital)などが存在している。

ヌーバンクはデジタルバンキングプラットフォームの運営やクレジットカードの発行などのデジタル銀行事業を運営をしている。そしてヌーバンクはデジタル証券企業のイージンベスト(Easynvest)を買収し、デジタル証券領域への参入もしている。

また2021年中にヌーバンクのユーザ数は4,000万人を超えており、年始からの5カ月間は1日あたり4万5000人以上のペースで新規顧客が増加したとのことだ。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Oleksii-Liskonih

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した