ブラジルのデジタル銀行Nubank、米国でIPO申請

ブラジルのデジタル銀行Nubank、米国でIPO申請

ブラジルのデジタル銀行であるヌーバンク(Nubank)の親会社ヌーホールディングス(Nu Holings)が、新規株式公開(IPO)申請を米国証券取引委員会(SEC)とブラジル証券取引委員会(CVM)へ行ったことが10月27日に分かった。

株式公開はSECとCVMがそれぞれの審査プロセスを完了したあと、市場やその他の条件に応じて開始される予定だ。

ヌーバンクは、6月にウォーレン・バフェット氏が会長兼CEOを務めるバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)から約550億円を調達した。その時の企業評価額は約3.4兆円だった。

既存の投資家には中国テック企業のテンセント(Tencent)や米国VCのセコイア・キャピタル(Sequaia Capital)などが存在している。

ヌーバンクはデジタルバンキングプラットフォームの運営やクレジットカードの発行などのデジタル銀行事業を運営をしている。そしてヌーバンクはデジタル証券企業のイージンベスト(Easynvest)を買収し、デジタル証券領域への参入もしている。

また2021年中にヌーバンクのユーザ数は4,000万人を超えており、年始からの5カ月間は1日あたり4万5000人以上のペースで新規顧客が増加したとのことだ。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Oleksii-Liskonih

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ