バイナンスUSがIPO検討、CZ氏発言

バイナンスUSがIPO検討、CZ氏発言

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のCEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏が、米国にて運営しているバイナンスUS(Binance US)がIPO(新規株式公開)の検討をしていると7月23日発言した。

このことはタイのサイアム商業銀行のベンチャー部門であるSCB10X主催のオンラインイベント「RedefineTomorrow」の「Binance & Future of CeFi VS DeFi」に登壇した際にて述べた内容だ。

CZ氏によると現在、暗号資産業界は比較的厳しく規制されているとし、それによりバイナンスがテクノロジーの新興企業から金融サービス企業へ大きな転換を行わなければならないと意見を述べている。

またCZ氏は現在バイナンスがコンプライアンスへの取り組みも強化していることも明かしている。

バイナンスは先月から各国の規制当局よりライセンスを受けていない暗号資産取引所であることの指摘や、これにより一部銀行からの送金停止の措置なども取られている。

このような状況からCZ氏はバイナンスが規制当局での職務経験があるコンプライアンス担当者を多く雇用していると説明している。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定