LINE BITMAX、「ステラルーメン(XLM)」の信用取引を開始

LINE BITMAXがXLMの信用取引を開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所LINE BITMAX(ラインビットマックス)提供の「暗号資産信用取引サービス」にて、新たにステラルーメン(XLM)の取扱いが開始した。同取引所が5月29日発表した。

これによりLINE BITMAXの「暗号資産信用取引サービス」での取り扱い銘柄は合計7銘柄となった。

LINE BITMAXの「暗号資産信用取引サービス」は、保証金となる日本円を預けて、暗号資産現物を借り入れて取引する「信用売り」のみが提供されている。ユーザーが資金をLINE BITMAXから借りて暗号資産を購入する取引「信用買い」はサポート対象外となっている。なお同サービスでは最大2倍でのレバレッジ設定が可能である。

昨年7月より提供開始となった同取引所の「暗号資産信用取引サービス」だが、サービス開始以降の取り扱い銘柄は、販売所で既に取り扱われていたビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リンク(LN):現フィンシア(FNSA)の計6銘柄だった。

昨年11月にLINE BITMAXにステラルーメン(XLM)が上場したが、「暗号資産信用取引サービス」では取り扱われていなかった。

なおLINE BITMAXでは今年3月、新たに「取引所サービス」の提供を開始した。

そして先日5月25日には、LINE独自開発の「LINEブロックチェーン」のネイティブトークンである「リンク:LINK(LN)」の名称が、「フィンシア:FINSCHIA(FNSA)」に変更されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した