LINEの取引所「LINE BITMAX」にステラルーメン(XLM)上場

LINE BITMAXにステラルーメン(XLM)上場

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引サービス「LINE BITMAX」が、暗号資産ステラルーメン(XLM)の取り扱い開始を11月15日発表した。

なおXLMが国内暗号資産交換業者に上場するのは「LINE BITMAX」で13社目となる。

「LINE BITMAX」を確認したところ、XLMの取り扱いは、同取引所の「販売所サービス」および「暗号資産信用取引サービス」が対象となるようだ。

また暗号資産を一定期間「LINE BITMAX」へ貸し出すことで利益を得る「暗号資産貸出サービス」については現在のところ対象外であることが確認できた。

発表によるとXLMの送付は最小3XLM/回で、最大は日本円(JPY)換算で100万円/日までとなっている。

今回XLMの取り扱いを開始したことで「LINE BITMAX」では合計7銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、LINK(LN)、ステラルーメン(XLM)が取り扱われている。

なお「LINE BITMAX」の「暗号資産信用取引サービス」は、保証金となる日本円を預け、暗号資産現物を借り入れて取引する「信用売り」のみの提供で、ユーザーが資金を「LINE BITMAX」から借りて暗号資産を購入する取引「信用買い」はサポート対象外となっている。

関連ニュース

LINE BITMAXで「暗号資産信用取引サービス」開始

LINE独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK(リンク)」が国内暗号資産取引所「BITMAX」で取扱開始へ

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結

LINE NEXT、web3ゲーミングプラットフォーム「GAME DOSI」発表

参考:LINE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ