Nikeがweb3プラットフォーム「.SWOOSH」、ポリゴン(MATIC)採用

Nikeがweb3プラットフォーム「.SWOOSH」発表

大手スポーツブランドの「Nike(ナイキ)」が、web3プラットフォーム「.SWOOSH」の立ち上げを11月14日発表した。なおナイキジャパン広報に確認を取ったところ、「.SWOOSH」の読み方は「ドットスウッシュ」であるとのことだった。

「.SWOOSH」では様々なサービス提供が予定されており、ユーザーはゲームなどで着用できるバーチャルなデジタルのシューズやジャージ、アクセサリーが収集可能になるとのこと。また実際に着用できるフィジカルな製品の入手や、アスリートやデザイナーと会話できるイベントなども予定されているようだ。

また、「ナイキ・バーチャル・スタジオ(Nike Virtual Studios)」のジェネラルマネージャーであるロン・ファリス(Ron Faris)氏は「私たちはWeb3に関心のある人々がアクセスできるプラットフォームで、未来のマーケットプレイスを形成しています。.SWOOSHコミュニティとナイキは共に創造し、共有し、利益を得ることが可能です」と述べている。

なお、現在「.SWOOSH」はベータ版であり、今月末にも参加登録を開始し、2022年の残りの期間で多様で公平にコミュニティ作り、2023年に最初の「デジタルコレクション」を発表する予定だという。

また、デジタルコレクションが発表された直後から、ユーザーナイキとバーチャル製品を共同制作する機会を獲得できるコミュニティチャレンジも開始するようだ。その勝者は共同作成を支援した製品に対してのロイヤルティを獲得できるという。

なお「.SWOOSH」には、ブロックチェーン基盤としてポリゴン(MATIC)が採用されているとのことだ。

なおナイキは昨年12月にNFTファッションブランドのRTFKT(アーティファクト)を買収しており、web3、NFTファッションやメタバース領域に積極的な姿勢を示している。

関連ニュース

NIKE、NFTファッションブランド「RTFKT」買収

RTFKT「Clone X」がNikeとのコラボアイテム、AF1スニーカーなど

アディダス初のNFTコレクション「Into The Metaverse」、売上総額26億円で完売

BAYCのユガラボ、ビープルのNFT企業「WENEW」と「10KTF」を買収

RTFKT「Clone X」がアバターの3Dファイル配布、クリエイターエコノミー実現へ

参考:Nike
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Massimo-Giachetti

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored