イーサL2「スタークネット(STRK)」上のDeFiプロジェクト、TVLが1000万ドル突破

StarknetのDeFi、TVLが1000万ドルを突破

スタークネット(Starknet)上に構築されたDeFi(分散型金融)のTVL(総預かり資産額)が5月18日に1,000万ドル(約13.7億円)を突破した。なおスタークネットは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンのレイヤー2スケーリングソリューション。

ブロックチェーン上のプロジェクトを追跡している「DeFi Llama」によるとスタークネット上のDeFiのTVLは、2023年1月1日には約80万ドルだった。なお5月22日時点で約1,087万ドルとなっており、4ヶ月足らずで10倍以上に成長している。

スタークネットはイスラエルの企業スタークウェア(StarkWare)が開発するゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用したイーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンだ。現在のところ、大手DEX(分散型取引所)のdYdXなどが稼働しており、ブロックチェーン自体のTVLは約5251万ドルとなっている(5/22 L2Beat調べ)。

なお現在スタークネットで最もTVLが高いDeFiプロトコルは、スタークネット独自のプロトコル「ジェダイスワップ(Jedi Swap)」である。

またその他のイーサL2ブロックチェーンのDeFi市場のTVLは、アービトラム(Arbitrum)が約24億ドル、オプティミズム(Optimism)が約8.8億ドルとなっている。これはユニスワップ(Uniswap)やアーベ(Aave)など大手のDeFiプロトコルがサポートを開始していることが理由の一つである。

ちなみにアーベは4月4日に「イーサリアム(Ethereum)L2スケーリングソリューションのスタークネット(StarkNet)上に展開する提案」に対する温度感チェックのガバナンス投票を行っており、賛成多数で終了している。

関連ニュース

参考:ディファイラマ
images:iStocks/monsitj・RRice1981

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論