DeFiレンディング「コンパウンド(COMP)」、イーサL2「アービトラム(ARB)」上にローンチへ

コンパウンドがアービトラム上でローンチへ

DeFi(分散型金融)レンディングプラットフォーム「コンパウンド(Compound)」が、同プラットフォームの最新プロトコル「コンパウンドⅢ(CompoundⅢ)」をイーサリアム(Ethereum)レイヤー2スケーリングソリューション「アービトラム(Arbitrum)」上に5月18日にローンチした。

コンパウンドは暗号資産(仮想通貨)を預け入れ、それを担保にしてETHやUSDCなどの通貨を借り入れられるプラットフォームだ。これまではイーサリアムネットワークとポリゴン(Polygon)でサービスが展開されていた。

アービトラム上でサポートされている担保にできる暗号資産は現在ARB、GMX、WETH、WBTCの4つのみであり、借り入れられる通貨はUSDCのみである。これは「コンパウンドⅢ」が、担保として取り扱える通貨を減らすことで担保の価格が下がった際に大量の不良債権を抱えるリスクを軽減するという思想のもと、開発されているからだ。

アービトラムは現在イーサリアムのL2スケーリングネットワークの中で最もTVL(預かり資産額)が大きいブロックチェーンだ。現在のTVLは58.6億ドルで、L2スケーリングネットワークの約66パーセントを占めている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した