リキッドステーキング「Lido」、出金プロセスにNFT活用

Lidoがアンステーキングの選択肢を拡大

リドファイナンス(Lido Finance)提供のリキッドステーキングプロトコル「リド(Lido)」の出金(アンステーキング)のプロセスに、NFTを活用する計画が3月29日発表された。リドファイナンスの公式YouTubeチャンネルで実施された「Node Operator Community Call #5」にて発表されている。

出金(アンステーキング)のプロセスにNFTを活用する計画とは具体的に、ユーザーがアンステークを要求すると出金量を表すNFTを受け取れる。そしてこのNFTを使用して報酬を請求できるという2段階の工程となる仕組みを導入するとのこと。

このプロセスにおいて発行されたNFTは取引が可能であり、これによりETHステーキング報酬を受け取る権利の譲渡や売買が可能になるという。なおリドファイナンスは、このNFTの2次流通によるロイヤリティは受け取らないとしている。

リドファイナンスは日本時間4月13日に予定されているイーサリアムの大型アップグレード「シャペラ(Shapella:Shanghai/Capella)」の実行に合わせてリドの新バージョン「リドV2(Lido V2)」をリリースすることを発表しており、アンステーキングは「リドV2」がリリースされたタイミングで可能になるという。

なお現在は「stETH」を市場で売却することでETHに交換ができるが、そうした場合ステーキング報酬は受け取れなくなる。

リキッドステーキングとは、プルーフオブステーク(PoS)を採用するブロックチェーンにおいてステーキングを行う際に、ロックした資産と「1:1」の割合で価値が担保されているトークンを発行することで、ロックされた資産に疑似的な流動性を与えることができるようになるサービスだ。

「リド」では、イーサリアム(Ethereum)のステーキングと引き換えに「stETH」と呼ばれるトークンを発行している。ユーザーは付与された「stETH」でDeFi(分散型金融)を利用して再度ETHに交換できる他、「stETH」をレンディングなどで運用を行えば利回りを得ることも可能だ。

なお「リド」ではイーサリアムの他にもポリゴン(Polygon)、ソラナ(Solana)のリキッドステーキングを提供しており、それぞれにおいてstMATIC、stSOLを発行している。

またポルカドット(DOT)およびクサマ(KSM)の対応もしていたが、リドファイナンスのパートナーであるDeFi(分散型金融)アプリ開発会社「ミックスバイツ(MixBytes)」が「リド」における両銘柄のサポートを終了することを3月15日に発表している。

同日よりDOTとKSMの「リド」への入金は終了しており、6月22日にはステーキングが自動的に解除。8月1日に正式にサービスが終了する予定になっている。

関連ニュース

参考:LidoYouTube
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論