「Binance NFT」マーケット、ポリゴン(MATIC)対応

Binance NFTがポリゴン対応

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、自社のNFTマーケットプレイス「バイナンスNFT(Binance NFT)」が「ポリゴン(Polygon/MATIC)」ブロックチェーンに対応したことを3月8日発表した。

「Binance NFT」は2021年にローンチしたNFTマーケットプレイス。「Binance NFT」では取引所「Binance.com」と同じアカウントシステムを採用しており、ユーザーは他の同社サービスと同様にマーケットプレイスを利用できる。

今回「ポリゴン」対応によりユーザーは、「ポリゴン」ブロックチェーンで特定のNFTコレクションを購入、入出金、一覧表示できるようになったとのこと。なおNFTの取引の際はウォレットにMATICを用意する必要がある。

現在「Binance NFT」において「ポリゴン」ブロックチェーンで取引できるNFTコレクションは次の10コレクションとなっており、今後対応するNFTコレクションを増やすとしている。

対応しているのは、トランプデジタルトレーディングカード(Trump Digital Trading Cards)、ポリゴンエイプYC(Polygon Ape YC)、サイバーコングスVX(CyberKongz VX)、ウィントランププライズ(Win Trump Prizes)、ディセントラルゲームズアイスポーカーオールアクセスウェアラブル(Decentral Games ICE Poker All Access Wearables)、ボクシーズ(Voxies)、クリプトユニコーンズマーケット(Crypto Unicorns Market)、スマーフソサエティ|アクセスクリスタル(The Smurfs’ Society | Access Crystals)、クリプトユニコーンズランドマーケット(Crypto Unicorns Land Market)、ミッドナイトソサエティファウンダーズアクセスパス(Midnight Society Founders Access Pass)だ。

なお「Binance NFT」はこれまで、「BNBスマートチェーン(BSC)」と「イーサリアム(ETH)」に対応しており、今回の対応が3チェーン目となる。

関連ニュース

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStock/Lazartivan

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した