バイナンス、NFTマーケットプレイスを6月24日にローンチへ

バイナンス、NFTマーケットプレイスを6月24日にローンチへ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、NFTマーケットプレイス「Binance NFT」のローンチを6月24日に決定したことを5月27日発表した。

発表によると第一弾のNFT提供者には、英国歌手のルイス・キャパルディ(Lewis Capaldi)氏やビジュアルアーティストのトレヴァー・ジョーンズ(Trevor Jones)氏、元イングランド代表で元サッカー選手のマイケル・オーウェンMichael Owen)氏やFCバイエルン・ミュンヘン所属の現役サッカー選手であるアルフォンソ・デイヴィス(Alphonso Davies)氏、中国のeスポーツチームeStarProの名前があがっている。

なおバイナンスは今後数日のうちに、さらに多くのクリエイターを発表するとしている。

「Binance NFT」では取引所「Binance.com」と同じアカウントシステムを採用しており、ユーザーは他のエコシステム製品と一緒にマーケットプレイスにアクセスができる。

「Binance NFT」のローンチ予定を発表した際のリリースでは「Binance NFTには、世界中のアーティスト、クリエイター、暗号資産愛好家が集まります。充実した展覧会やNFTとのコラボレーション、Binanceの業界最高水準の流動性など、ユーザーやクリエイターにとって最小限の手数料で利用できることを期待しています。他にはない商品や独占的なコラボレーションで、最も魅力的なメタバースを作ることを目指しています」と説明されていた。

関連ニュース

バイナンス、NFTマーケットプレイス「Binance NFT」を6月にローンチ予定 

おすすめ記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:Binance
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ