バイナンスにLivepeer(LPT)が上場

バイナンスにLivepeer(LPT)が上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が暗号資産Livepeer(ライブピアー:LPT)の上場を5月28日発表した。

Livepeerはイーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型ビデオストリーミングインフラストラクチャだ。またLPTはLivepeerプラットフォームのネイティブユーティリティトークンであり、ネットワークガバナンスやステーキングに利用される。

なおバイナンスでは既にLPT/BTC、LPT/BNB、LPT/BUSD、LPT/USDTの取引ペアにて取り扱いが行われている。

参考:BinanceLivepeer
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している