NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」が一般受付開始

NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」が一般受付開始

6月10日、11日に開催を予定しているNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(ノンファンジブルトウキョウ)」が、Peatixにて一般受付を開始したことを発表した。

このイベントは2018年より株式会社グラコネの代表取締役である藤本真衣⽒が発起人として始まったNFTカンファレンス「Tokyo Blockchain Game Conference」の第4回目となるカンファレンスだ。今回より一般社団法人ブロックチェーンコンテンツ協会(BCA)が主催する。

「Non Fungible Tokyo」では当初予定していた5月28日の開催予定から日程を6月10日、11日の2DAYSに変更し、DAY1は国内プロジェクト、DAY2を海外プロジェクトとしてコンテンツを分け、両日ともに11:40~19:30にて開催する。

なお参加申し込みの先着登録500名には特別特典としてMy Crypto SagaのNFTを配布するとしていたが、すでにNFT付きチケットは完売となっている。

イベントコンテンツの内容や申し込みなどの詳細はこちら

関連記事

2019年開催の「Tokyo Blockchain Game Conference」の模様はこちら
「ブロックチェーンゲームの最先端がここに」Tokyo Block Cain Game Conference 2019イベントレポート

関連リンク

https://peatix.com/event/1908884

おすすめ記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored