ロシア中銀、4月から「デジタルルーブル」試験運用を開始か=報道

ロシア中銀が「デジタルルーブル」を試験運用へ

ロシアにおける中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタルルーブル」の試験運用が4月1日より開始されると、現地メディアのタス通信(TASS)が2月17日に報じている。ロシア中央銀行(CBR)の第一副議長であるスルガ・スコロボガトワ(Olga Skorobogatova)氏が記者団に明かしたとのこと。

報道によると「デジタルルーブル」の試験運用は、技術的・運用的な試験にクリアした13の銀行により、実際の顧客を対象に行われるという。「個人間取引」や「貿易・サービス企業における決済」から実施開始予定とのこと。

また試験運用の第一段階へは選ばれた顧客・銀行のみが参加するため、一般顧客はテストに参加できないとスコロボガトワ氏は強調したという。

なお規制当局は試験完了後に、「デジタルルーブル」の利用拡大方針を決定するとのことだ。

スコロボガトワ氏は2021年4月に「デジタルルーブル」について、2021年末までにインフラを導入し、2022年までにプロトタイプをテストする予定とし、2023年にはローンチが可能であると話していた。

関連ニュース

参考:TASS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Andrey-Suslov・NatanaelGinting

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催