Amazonがスーパープラスチックへの約27億円出資を主導、ソニーやGoogle、アニモカら参加

スーパープラスチックがアマゾンと協業

米アマゾン(Amazon)とデジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が契約し、多岐にわたる協業を行うようだ。両社が2月15日発表した。

なおアマゾンはスーパープラスチックへ出資したことも発表している。アマゾンの開発者支援投資部門「アレクサファンド(Alexa Fund)」が、スーパープラスチックのシリーズA投資ラウンドによる2000万ドル(約26.8億円)の追加調達を主導したとのこと。

その他この投資ラウンドには、「クラフトベンチャーズ(Craft Ventures)」、「グーグルベンチャーズ(Google Ventures)」、「ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)」、「ケリング(Kering)」、「ソニージャパン」、「スクリブルベンチャーズ(Scribble Ventures)」、「カカオ(Kakao)」、「アモニカブランズ(Animoca Brands)」、「デーワンベンチャーズ(Day One Ventures)」、「ベータワークス(Betaworks)」らが参加したという。

この資金調達により、スーパープラスチックの資金調達総額は5800万ドル(約77.7億円)となったとのことだ。

調達資金の使途については、スーパープラスチックのキャラクター世界の拡充に使用すると説明されている。

アマゾンスタジオでスーパープラスチックの番組制作も

なおアマゾンはスーパープラスチックとの契約により、「アマゾンスタジオ(Amazon Studios)」で番組制作も行っていることを発表している。

「アマゾンスタジオ」では現在、SNSを中心にカルト的人気を集めているスーパープラスチックのキャラクター「ジャンキー(Janky)」と「グギモン(Guggimon)」主演の番組「ザ・ジャンキー・アンド・グギモンショー(The Janky & Guggimon Show)」を制作中だという。

また両社は上記番組制作の他にも、その他キャラクターをフィーチャーした追加シリーズや映画制作も計画しているという。シリーズ化されれば、世界240以上の国と地域のプライム・ビデオで独占配信される予定とのことだ。

アレクサファンドのディレクターであるポール・バーナード(Paul Bernard)氏は「スーパープラスチックのバーチャル有名人は、視聴者がいる場所を問わず会うことができる。私たちは、バーチャル有名人を、若い世代との関係がより深まる新しいタイプの知的財産だと考えている」とコメントした。

スーパープラスチックは昨年1月、グッチ(Gucci)とコラボし、グッチのデザインと「ジャンキー・アンド・グギモン」を組み合わせたNFTシリーズ「スーパーグッチ(SUPERGUCCI)」をリリースしていた。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資