ソニー銀行と千葉銀行が提携、ブロックチェーン活用の共同研究も

ソニー銀行と千葉銀行が業務提携でブロックチェーン共同研究

ソニー銀行と千葉銀行が業務提携し、デジタル技術や商品・サービスの相互提供や、テクノロジーの活用についての共同研究の実施を10月31日発表した。なお「テクノロジーの活用についての共同研究」には「ブロックチェーンの活用に関する共同研究」が含まれている。

異なるビジネスモデルを展開する両行は「それぞれが得意とする領域を活用しながら互いの戦略を補完することで大きなシナジーを生み出すことができる」としており、両行の持続的な成長と企業価値向上に資するとの判断から今回の提携に至ったとのことだ。

なお「ブロックチェーンの活用に関する共同研究」では、不動産ローン債権のセキュリティ・トークン化をはじめとするブロックチェーンの活用についてのユースケースを扱い、金融・非金融両分野でのサービス提供に向けた検討を行っていくとしている。

またその他にも、住宅ローンを利用する顧客の利便性向上に向けた、不動産テックやAI審査などのデジタル技術を活用した取り組みについての共同研究や、持続可能な社会の発展に向けた共同研究、「デジタル技術や商品・サービスの相互提供」として、最新デジタル技術やデバイスについて、金融・非金融両分野での活用方法を両行で共有し、最先端のサービスを顧客に提供することが発表されている。

関連ニュース

【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始

JCBとデータチェーン、異種分散型台帳間の相互接続について共同研究開始

【取材】医療大麻の栽培管理にシンボル(XYM)活用、サイアムレイワが岐阜大学と実証開始

ドコモがアスター(ASTR)と提携、web3普及に向け

テレビ東京がDEAに約3億円出資、放送外事業拡充で業務提

参考:ソニー銀行
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio・YiuCheung

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない