Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道

Amazonが今年デジタル資産事業を立ち上げか

米アマゾン(Amazon)が新たにデジタル資産事業を立ち上げることが、暗号資産(仮想通貨)メディア「ブロックワークス(Blockworks)」によって、複数の情報筋による話をまとめる形で1月27日報じられた。

その報道によると、アマゾンは今年4月にデジタル資産事業の開始を目指し開発を進めているという。新事業はブロックチェーンゲームもしくはそれに関連したNFTのアプリケーションになるという。証言によると具体的な例として、ユーザーが無料でNFTを獲得できるブロックチェーンゲームの提供などが挙げられている。

また同事業のためにアマゾンは、業界有力者とパートナーを組む動きを水面下でみせているようだ。複数の情報筋によるとアマゾンは、L1ブロックチェーン・ブロックチェーンゲームのスタートアップ及び開発者・デジタル資産取引所などに新事業の売り込みを行っているという。

なおこれらのデジタル資産事業はクラウドサービス提供のアマゾンウェブサービス(AWS)ではなく、アマゾン本体の部署によって運営される予定と伝えられている。

アマゾンは2021年6月、アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain)チームの「ブロックチェーンプロダクトの責任者(Head of Product, Blockchain)」を求人募集していた。同ポジションは「急速に進化するブロックチェーン技術とユースケースの幅広いランドスケープにおいて、AWS製品提供のビジョン、ロードマップ、機能定義、市場投入戦略を推進する経験豊富なプロダクトリーダー」が望ましいとされていた。

関連ニュース

アマゾンら、ECBの中銀デジタル通貨「デジタルユーロ」プロトタイプ開発へ

アマゾン広報担当者、ビットコイン決済導入報道を否定

【取材】AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」を一般提供した背景

Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人

アバランチ(AVAX)のノード運営がAWSで可能に、両社提携で

デザイン:一本寿和
images:iStocks/hapabapa・sumkinna

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない