アマゾン広報担当者、ビットコイン決済導入報道を否定

アマゾン広報担当者、ビットコイン決済導入報道を否定

「アマゾン(Amazon)が2021年内にビットコイン決済を導入する」などの報道は事実でないと同社の広報担当者が述べたとして、7月26日ブルームバーグが報じた。

アマゾンの広報担当者はブルームバーグの取材に対して「(アマゾンは)暗号資産分野に関心があることは確かですが、それに関する当社の具体的な計画をめぐって起こった憶測は事実ではありません」とメールで否定したとのこと。

なおアマゾンはAWSで開発者向けのブロックチェーン基盤サービスの提供を既に始めている。その内容に関して、あたらしい経済はAWSのグローバルチームへ取材を行っている。

関連記事:【取材】AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」を一般提供した背景

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sundry-Photography・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/7話題】米SECがコインベース提訴、SECゲンスラー委員長が「暗号資産は必要ない」と発言など(音声ニュース)

米SECがコインベースを提訴、バイナンス提訴の翌日に、米コインベースが規制枠組み推進の草案を支持、「米国は遅れを取っている」、米SECゲンスラー委員長、「暗号資産は必要ない」との考え明かす、米SEC、バイナンスUS関連の資産凍結を裁判所へ緊急要請、米ロビンフッド、SEC証券指摘の暗号資産を上場廃止検討か=報道、USDCの米サークル、シンガポールで大手決済機関ライセンス取得、SBI出資の英ゾディアカストディ、機関顧客にイーサ(ETH)ステーキング提供へ。ソフトバンク出資ブロックデーモンと、野村證券らのコマイヌ、海外大手の暗号資産取引所「OKX」がカストディアンに採用、Cboe Clear Digital、ビットコインとイーサの証拠金先物取引を提供へ。CFTC認可で、オーケーコインジャパン、ジリカ(ZIL)のステーキングサービス提供へ

Sponsored