Shopify、NFT販売機能を追加

Shopify、NFT販売機能を追加

eコマースプラットフォームであるショッピファイ(Shopify)にNFTの販売機能が追加されることが7月27日に明らかになった。

ショッピファイの社長であるハーレイ・フィンケルシュタイン(Harley Finkelstein)氏のツイートによると、今回の機能追加により、出店者はショッピファイの店舗から顧客に直接NFTを販売できるようになるとのこと。

フィンケルシュタイン氏はNFT販売機能について「ショッピファイがこの機能を提供する前は、出店者はサードパーティのマーケットプレイスを通じて(NFTを)販売しなければならず、販売と顧客の関係をコントロールすることができませんでした。私たちは再び出店者の手にパワーを取り戻し、顧客がどこでどのように購入したいかという要件を満たすことを可能にします」と述べている。

なお現在はNBAのシカゴブルズをはじめとする一部の出店者のみNFTの販売が可能となっているとのこと。シカゴブルズのNFTショップでは、7月26日から31日にかけて、NBAのチャンピオンリングを表すNFTが販売される予定となっている。なお26日に販売された1991年シーズンのチャンピオンリングを表したNFT91点は販売から3分で売り切れたとのことだ。

またシカゴブルズのNFTのミント(鋳造)および管理にはダッパー・ラボ(Dapper Labs)が開発を行うフロー・ブロックチェーン(Flow Blockchain)が使用されているとのこと。ショッピファイがフロー・ブロックチェーンにのみ対応しているのか、イーサリアムのような他のブロックチェーンにも対応しているのかは明らかになっていない。

関連ニュース

Shopify(ショッピファイ)が1885種類以上の暗号資産で決済可能に 

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vadim-Sazhniev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定