Shopify(ショッピファイ)が1885種類以上の暗号資産で決済可能に

Shopify(ショッピファイ)が1885種類以上の暗号資産で決済可能に

Shopify(ショッピファイ)がCoinPaymentsの機能を統合して、加盟店に暗号資産(仮想通貨)での支払いを受け入れるオプションを開始したとDecryptが明らかにした。

これによってShopify加盟店はCoinPaymentsがサポートしている1885以上の暗号資産での決済を受け入れられるようになる。

CoinPaymentsによると「この統合はより多くの国境を越えた決済を可能にし、異なる管轄区域にまたがる複数の決済処理業者を利用する際に、加盟店が抱える摩擦を解消しようという考えのもと生まれた」とのことだ。

CoinPayments CEO Jason Butcher(ジェイソン・ブッチャー)氏は「ShopifyとCoinPaymentsの統合は、もう決済業界では止められない流れだと思います」とコメントしている。

編集部のコメント

Shopifyの暗号資産領域への動きを整理しておきます。2020年1月にShopifyはLibra協会へ参加することを発表しております。そしてShopifyはCoinPayments以外にも、BitPay、Coinbase Commerce、GoCoinなどの暗号資産決済サービスと統合しています。

「あたらしい経済編集部」はShopifyがいち早く暗号資産決済を取り入れ、浸透させていくことでAmazonとの差別化を急速に図ろうとしているのではではないかと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor,Panuwat-Sikham)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LayerXがJAFCO、ANRI、YJ Capitalから30億円の資金調達、ThetaのバリデーターにGoogle参加、インド中央銀行が暗号資産取引への口座提供禁止を否定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LayerXがJAFCO、ANRI、YJ Capitalから金融・物流のデジタル化推進のために30億円の資金調達、(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加、インド中央銀行が暗号資産(仮想通貨)取引への口座提供禁止を否定する声明を発表、ネスプレッソがジンバブエ産のコーヒー流通をトレースするためにブロックチェーンを活用、分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加

分散型コンテンツデリバリーネットワークを提供する「Theta Labs(シータ・ラボ)」の「Theta(シータ)」のエンタープライズバリデーターにGoogle Cloudが参加することが発表された。これでBinance、Blockchain Ventures、gumiに加えて計4社となる。

分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

ブロックチェーンを利用した分散型プラットフォームOntology(オントロジー)が日本発のブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ( 以下マイクリ)」と「ブレイブフロンティアヒーローズ(以下ブレヒロ)」との提携を5月27日に発表した

ネスプレッソがジンバブエ産のコーヒー流通をトレースするためにブロックチェーンを活用

Nespresso(ネスプレッソ)がジンバブエ産のコーヒーの流通をトレースするためにブロックチェーン技術を活用していることがLedger Insigthsの報道によって明らかになった。ネスプレッソがブロックチェーンを活用しているプロジェクト名は「TAMUKA mu ZIMBABWE」だ。

Libra専用のウォレットが「Novi」にリブランド、Polkadotのメインネットがローンチ、CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックがLibra(リブラ)専用のウォレットを「Novi」にリブランド、Web3 FoundationがPolkadot(ポルカドット)のメインネットローンチを発表、インド暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」が初のTVCMを放送