アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

アメリカンイーグルがブロックチェーンで綿花調達の透明性確保

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された。

AEOではアメリカンイーグル(American Eagle)の他、エアリー(Aerie)、オフラインバイエアリー(OFFL/NE by Aerie)、トッドスナイダー(Todd Snyder)、アンサブスクライブド(Unsubscribed)といったアパレルブランドを手掛けている。

トラストプロトコルは綿花生産における持続可能性に関する課題に取り組むプログラム。

同プログラムでは、インドと香港に拠点を持つブロックチェーン企業テキスタイル・ジェネシス(TextileGenesis)のプラットフォームを統合したプロトコル・クレジット・マネジメント・システム(PCMS)を通じてサプライチェーン全体の透明性を提供し、米国産綿花繊維のすべての動きを記録・検証している。 またこのプラットフォームは、ブロックチェーンの活用によりサプライチェーンの参加者間の取引を商品レベルで把握できるという。

また同プラットフォームでは、フィールドトゥマーケット(Field to Market)社の農場管理ソフトウェアである「フィールドプリント・プラットフォーム(Fieldprint Platform)」との連携により、土地利用、土壌炭素、水管理、土壌損失、温室効果ガス排出、エネルギー効率という 6 つの主要な持続可能性分野の指標が測定でき、継続的な改善の推進が可能とのこと。

これによりトラストプロトコルのネットワークメンバーは責任を持って生産された高品質の繊維を調達でき、サプライチェーンにおける環境・社会的リスクの低減を確保できるということだ。

AEOは「トラストプロトコルのプラットフォームは、AEOが当社の責任ある調達活動をさらに検証し、環境目標の達成に向けて前進していることを実証する機会を提供するのに役立つと思います」とリリースでコメントしている。

トラストプロトコルは2020年の発足以来、450社以上のブランド、小売業者、工場、メーカーがメンバーに迎えられており、その中にはギャップ(Gap)、バナナ・リパブリック(Banana Republic)、アスレタ(Athleta)、ギルダン(GILDAN)などがトラストプロトコルのプログラムに参加をしている。

また昨年7月にはリーバイス(Levi’s)、ドッカーズ(Dockers)などのブランドを展開するリーバイ・ストラウス(Levi Strauss & Co)が、昨年9月にはカルバン・クライン(Calvin Klein)やトミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)などのファッションブランドを有するPVHが、そして昨年10月にはラルフローレン(Ralph Lauren)がトラストプロトコルのメンバーに加盟している。

関連ニュース

ラルフローレンがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

カルバンクラインとトミーヒルフィガーがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保

リーバイス、ブロックチェーンで綿花調達の透明性を確保

サプライチェーンを変革する、ブロックチェーンのトレーサビリティ

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

参考:トラストプロトコル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/INNA-TABAKOVA

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない