Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人

Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人

アマゾン(Amazon)がアマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain)チームの「ブロックチェーンプロダクトの責任者(Head of Product, Blockchain)」という役職での求人情報を6月8日に掲載した。

この求人情報のなかでアマゾン・マネージド・ブロックチェーンは「DeFi、サプライチェーン、金融サービス、アイデンティティなどの分野で、現在の革新的なビジネスユースケースのために、お客様がスケーラブルなブロックチェーン技術を作成し、活用する能力を加速するフルマネージドサービス」と説明されている。

またアマゾンはブロックチェーンプロダクトの責任者に求める条件として「急速に進化するブロックチェーン技術とユースケースの幅広いランドスケープにおいて、AWS製品提供のビジョン、ロードマップ、機能定義、市場投入戦略を推進する経験豊富なプロダクトリーダーであって欲しい」とし、また「候補者は新興のスペースで優れたプロダクトを大規模に提供した実績があり、ブロックチェーン、分散システム、クラウド規模のソフトウェアに情熱を持っていて欲しいです。理想的には、ブロックチェーン分野、特にDeFiや伝統的な金融サービスで製品やイノベーションを提供した経験があって欲しいです」と説明している。

具体的に好ましい資格としては「コンピュータサイエンス(または関連分野)の学士号、MBAまたは同等の修士号、EthereumやHyperledger Fabricなどのブロックチェーンフレームワーク、テクノロジー、アプリケーションの経験。分散型金融の経験があれば尚可。クラウドコンピューティング技術分野での経験、SQLに精通していること、損益計算書の管理とプライシングに関する強力な財務関連スキル」と記載されている。

参考:Amazon
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Blue-Planet-Studio・keko-ka

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察