Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人

Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人

アマゾン(Amazon)がアマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain)チームの「ブロックチェーンプロダクトの責任者(Head of Product, Blockchain)」という役職での求人情報を6月8日に掲載した。

この求人情報のなかでアマゾン・マネージド・ブロックチェーンは「DeFi、サプライチェーン、金融サービス、アイデンティティなどの分野で、現在の革新的なビジネスユースケースのために、お客様がスケーラブルなブロックチェーン技術を作成し、活用する能力を加速するフルマネージドサービス」と説明されている。

またアマゾンはブロックチェーンプロダクトの責任者に求める条件として「急速に進化するブロックチェーン技術とユースケースの幅広いランドスケープにおいて、AWS製品提供のビジョン、ロードマップ、機能定義、市場投入戦略を推進する経験豊富なプロダクトリーダーであって欲しい」とし、また「候補者は新興のスペースで優れたプロダクトを大規模に提供した実績があり、ブロックチェーン、分散システム、クラウド規模のソフトウェアに情熱を持っていて欲しいです。理想的には、ブロックチェーン分野、特にDeFiや伝統的な金融サービスで製品やイノベーションを提供した経験があって欲しいです」と説明している。

具体的に好ましい資格としては「コンピュータサイエンス(または関連分野)の学士号、MBAまたは同等の修士号、EthereumやHyperledger Fabricなどのブロックチェーンフレームワーク、テクノロジー、アプリケーションの経験。分散型金融の経験があれば尚可。クラウドコンピューティング技術分野での経験、SQLに精通していること、損益計算書の管理とプライシングに関する強力な財務関連スキル」と記載されている。

参考:Amazon
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Blue-Planet-Studio・keko-ka

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。