グッチ、SUPERPLASTICとのコラボNFT「SUPERGUCCI」リリース

グッチ、「スーパープラスチック」とコラボのNFTをリリース

イタリアのラグジュアリーブランドであるグッチ(Gucci)が、デジタルデザイナートイブランド「スーパープラスチック(Superplastic)」とコラボレーションし、NFTシリーズ「スーパーグッチ(SUPERGUCCI)」をリリースすることが1月18日分かった。

今回リリースされるNFTは、グッチのクラシックなグラフィックやデザインと「スーパープラスチック」のデジタルキャラクター「ジャンキー・アンド・グギモン(Janky & Guggimon)」を組み合わせたものだ。

発表によると、「スーパーグッチ」シリーズは全250個の限定販売で、全てのNFTにはグッチの職人が制作したホワイトセラミック製による8インチの「スーパージャンキー(SUPERGUCCI)」オブジェが付属されている。

またNFTのリリースは3段階に分かれているという。第1弾は10個のNFTを2月1日に公開するとのこと。なお販売はグッチのオンラインコンセプトストアである「グッチ ヴォールト(Gucci Vault)」で行われるとのことだ。第2弾と第3弾については詳細がまだ公開されていない。

なおグッチがNFTに関する取り組みをしたのは昨年に続き2例目となる。グッチは昨年5月にオークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)主催のNFTアートオークション「プルーフ・オブ・サブランティ(PROOF OF SOVEREIGNTY)」に、ブランドのコレクション動画をNFT化したアート作品「アリア・コレクション」を出品した。その作品は25,000ドル(約280万円)で落札されている。

またグッチの他、ラグジュアリーブランドがNFTを販売する例として、昨年8月11日にバーバリー(Burberry)が数量限定の「バーバリー・ブランコ(Burberry Blanko)」のNFTコレクションを販売し、同月にはルイヴィトン(LVMH)がブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」をローンチし、ゲーム内でデジタルアーティストのビープル(BEEPLE)氏の作品を含むNFT30点を取り扱った。

また昨年9月9日にはドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)が同プランド初の全9点のNFTコレクション「コレツィオーネ・ジェネシ(Collezione Genesi:ジェネシスコレクション)」を販売した。英国のラグジュアリーブランドであるジミーチュウ(JIMMY CHOO)が、10月20日よりNFTミステリー・ボックスをリリースした。

関連ニュース

ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも

バーバリーのNFT、ブロックチェーンゲーム内で販売

ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供

参考:グッチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/massimofusaro・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない