ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)が同プランド初のNFTコレクションを販売開始することを9月7日発表した。

ドルチェ&ガッバーナのNFTコレクション「コレツィオーネ・ジェネシ(Collezione Genesi:ジェネシスコレクション)」はデジタルマーケットプレイスのUNXDにてオークション販売となる。

これらのNFTはドルチェ&ガッバーナの創設者であるドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)氏とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)氏がデザインをした作品となっている。

販売されるNFTは全9点の予定で、現状発表されているのは女性向けの「DRESS FROM A DREAM」が2点「THE IMPOSSBLE TIARA」が1点、男性向けの「THE IMPOSSBLE JACKET」が2点「THE GLASS SUIT」が1点「THE LION CROWN」と「THE DOGE CROWN(ドージコインモチーフではない)」がそれぞれ1点だ。

発表によると暗号資産イーサリアムの決済が採用され、NFTのミント(鋳造)もイーサリアムにて行われる。価格などの詳細情報については現状公開されていない。なおUNXDはLayer2ソリューションのPolygon(ポリゴン)上に構築されているとのこと。

UNXDによると各NFTは入札開始が9月9日午前9時(CET:中央ヨーロッパ時間)からとなるようだ。なお9月28日から30日の間に作品ごとに異なる終了日が設定されるとのこと。

ドルチェ&ガッバーナは今年7月にNFTを販売することを発表しており、今回その販売日が決定したことになる。

関連ニュース

ドルチェ&ガッバーナがNFTを発表、ポリゴンネットワークで発行

参考:UNXD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/winhorse

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。