ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション

ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)が同プランド初のNFTコレクションを販売開始することを9月7日発表した。

ドルチェ&ガッバーナのNFTコレクション「コレツィオーネ・ジェネシ(Collezione Genesi:ジェネシスコレクション)」はデジタルマーケットプレイスのUNXDにてオークション販売となる。

これらのNFTはドルチェ&ガッバーナの創設者であるドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)氏とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)氏がデザインをした作品となっている。

販売されるNFTは全9点の予定で、現状発表されているのは女性向けの「DRESS FROM A DREAM」が2点「THE IMPOSSBLE TIARA」が1点、男性向けの「THE IMPOSSBLE JACKET」が2点「THE GLASS SUIT」が1点「THE LION CROWN」と「THE DOGE CROWN(ドージコインモチーフではない)」がそれぞれ1点だ。

発表によると暗号資産イーサリアムの決済が採用され、NFTのミント(鋳造)もイーサリアムにて行われる。価格などの詳細情報については現状公開されていない。なおUNXDはLayer2ソリューションのPolygon(ポリゴン)上に構築されているとのこと。

UNXDによると各NFTは入札開始が9月9日午前9時(CET:中央ヨーロッパ時間)からとなるようだ。なお9月28日から30日の間に作品ごとに異なる終了日が設定されるとのこと。

ドルチェ&ガッバーナは今年7月にNFTを販売することを発表しており、今回その販売日が決定したことになる。

関連ニュース

ドルチェ&ガッバーナがNFTを発表、ポリゴンネットワークで発行

参考:UNXD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/winhorse

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した