チェインスモーカーズやフォビらが出資、OPクリプトが27億円規模のファンド立ち上げ

OPクリプトが27億円規模のファンド立ち上げ

デジタル資産分野専門VCのOPクリプト・キャピタル・マネジメント(OP Crypto Capital Management)が、約27億円(2,500万ドル)規模のファンドを立ち上げたことを9月6日に「The Block」が報じた。

OPクリプト・キャピタル・マネジメントは暗号資産取引所運営のフォビ(Huobi)の元投資戦略責任者ダビッド・ガン(David Gan)氏が率いており、主に分散型金融やメタバースに関わるプロジェクトに投資していく方針のようだ。

OPクリプトはこれまでレイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)の開発を行う「アバラボ(AVA Labs)」や、イーサリアムの相互運用性を高めるプロジェクト「コネクスト(Connext)」や、ゲームとNFTの接続を容易にすることを目指す「スターダスト(Stardust)」などに投資を行っている。

なおOPクリプト・キャピタル・マネジメントはHuobi Ventures、Galaxy Digital、Digital Currency Group、アジアの投資コンサルタント会社であるThe Brooker Group、そしてBybitのベンチャー企業であるMirana Ventures、著名アーティストChainsmokersのアレックス・ポール(Alex Pall)氏とアンドリュー・タガート(Andrew Taggart)氏らから出資を受けているとのこと。

なおダビッド・ガン(David Gan)氏は「米国を拠点とするベンチャーキャピタルと、アジアの暗号資産コミュニティの間のギャップを解消することで、他のファンドとの差別化を図る」とThe Blockに対して語っている。

参考:The Block
images:iStocks/ivanmollov・BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。