コインベース、日本ユーザーの取引停止を正式発表

コインベースが日本ユーザーの取引停止へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、日本事業見直しと既存顧客との取引停止について1月18日に正式発表した。

日本ユーザーは2月16日まで法定通貨および暗号資産の保有財産を引き出せるようになっているとのこと。

2月17日以降のユーザー保有の暗号資産は、自動的に日本円に変換するという。また日本円残高については法的要件に従い、法務局に供託するとのことだ。

そして期日までに日本円の引き出しが完了していないユーザーは、その供託金より日本円を回収する必要があるとのことだ。

コインベースの日本事業縮小については、国際担当副社長のナナ・ムルゲサン(Nana Murugesan)氏へインタビューを行ったブルームバーグによって11日に報じられていた。

またコインベースは10日、同社CEO兼共同創設者のブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)氏からブログを通じて大幅な人員削減を行う旨を発表していた。

昨年末、海外の大手取引所クラーケンも、日本版を運営するPayward Asiaの金融庁登録の暗号資産交換業を廃止し、日本からの撤退を発表していた。

コインベースは「現在の日本での事業の全面的な見直し」を行うとしており、現状では交換業の廃止や日本事業から完全撤退することについて明言はしていない。

関連ニュース

コインベースが日本撤退、日本事業を大部分終了へ=報道

クラーケン(Kraken)日本撤退、Payward Asiaが暗号資産交換業廃止へ

米コインベースが大幅人員削減へ、一部プロジェクト中止も予定

S&P、米コインベースの格付けを「BB-」に引き下げ

米コインベースの元マネージャーの弟、インサイダー取引で懲役10ヶ月の判決

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ilkercelik

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored