米コインベースの元マネージャーの弟、インサイダー取引で懲役10ヶ月の判決

コインベースの元マネージャーの弟がインサイダー取引で懲役10ヶ月

米コインベースグローバル(Coinbase Global)の元プロダクトマネージャーのイシャン・ワヒ(Ishan Wahi)氏の弟ニキル・ワヒ(Nikhil Wahi)氏が、米国検察当局が「暗号資産(仮想通貨)に関わる初のインサイダー取引事件」と呼ぶ事件について有罪を認め、禁固刑10ヶ月の判決を1月10日に受けた。

弟のニキル・ワヒ(Nikhil Wahi)受刑者は、コインベースの機密情報をもとに暗号資産の取引を行ったことを認め、9月に電信詐欺の共謀罪の適用を認めていた。

コインベース元プロダクトマネージャーで兄のイシャン・ワヒ(Ishan Wahi)氏は、弟ニキルとその友人のサミール・ラマニ(Sameer Ramani)氏に同取引所の新規取扱予定の暗号資産に関する情報を共有したと検察は述べている。

なお兄のイシャン容疑者は無罪を主張しており、友人サミールは逃亡中だ。

弟ワヒ受刑者は40銘柄におよぶ暗号資産について、コインベースの取扱い発表に先立ち違法に取引を行い、約90万ドルの利益を得たと検察は指摘している。それに対し検察は10ヵ月から16か月の刑を勧告していた。

マンハッタン連邦裁判所の判決公判で、ロレッタ・プレスカ(Loretta Preska)連邦地裁判事は、彼の犯罪は 「単独で判断したもの」ではないと述べた。

なお今回の判決は、米国の検察当局と規制当局が暗号資産企業やその幹部に対する監視を強化する中で下されたものである。

マンハッタンの連邦検事トップであるダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)氏は声明で「今日の判決は、暗号資産市場が無法地帯ではないことを明確にした」と伝えている。

ワヒ受刑者の母親をはじめ、約12人の家族や友人が彼の判決に出席した。

ワヒ受刑者は、米国での大学進学のために資金を提供してくれた両親に恩返しをするためにインサイダー取引を行ったと語った。

「両親を助けたかったが、その代わりに大きな苦しみを与えてしまった。私は自分のしたことをとても後悔しています」と述べている。

関連ニュース

元コインベースのマネージャーの弟、インサイダー取引容疑で有罪認める

米コインベースがNY州金融サービス局と和解、コンプライアンス調査について1億ドルで

コインベース、米財務省のTornado Cash制裁訴訟を支援

米コインベースが「アセットリカバリーツール」提供へ、サポート外のERC20トークン誤送信が復旧可能に

米コインベース、アバランチネイティブの「USDC」サポート

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Ex-Coinbase manager’s brother sentenced to 10 months in insider trading case
Reporting by Luc Cohen in New York; Editing by Lisa Shumaker and Richard Chang
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察