米コインベースがNY州金融サービス局と和解、コンプライアンス調査について1億ドルで

米コインベースがNYDFSと和解

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)とニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が、1億ドル(約132.1億円)にて和解に至ったとした声明を1月2日発表した。この和解は、マネーロンダリングを防止するための要件に対するコインベースのコンプライアンスに関して、規制当局であるNYDFSが行っていた調査について終止符を打つものとなった。

なお和解金の内訳は違約金として5000万ドル、残りをコインベースのコンプライアンスプログラムへの投資に充てるようだ。同プログラムは、潜在的な犯罪者が取引所を使用するのを阻止することを目的としたコンプライアンスの取り組みを強化するためのものだと説明されている。またこの取引では、コインベースが第三者の監視役と協力することも要求されている。

なおこの和解案はニューヨーク・タイムズによって最初に報じられた。

NYDFSは、コインベースが顧客に対する取引開始要件を簡易的なチェックとして扱い、十分な身元確認を行っていなかったことを発見したと述べていた。

NYDFS管理者のエイドリアン・ハリス(Adrienne Harris)氏は「コインベースは、その成長に追いつくことができる機能的なコンプライアンスプログラムを構築し、維持することができなかった。その失敗は同社のプラットフォームを潜在的な犯罪行為にさらした」と話している。

またコインベースの最高法務責任者であるポール・グレワル(Paul Grewal)氏は声明の中で、取引所は問題に対処したと述べている。

同社はブログにて、調査は2018年と2019年頃の同社のコンプライアンスプログラムと、2021年に取引所が成長した際のコンプライアンスの過去ログを中心に行ったとし、「私たちはNYDFSの懸念を真剣に受け止め、これらの歴史的な欠点に対処するための実質的な措置を講じた」と述べている。

なおコインベースは、NYDFSや他の規制当局から監視を受けている。以前に米証券取引委員会(SEC)から調査召喚状や文書・情報提供の要請を受けたことを公表している。

関連ニュース

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得

コインベース、アイルランドで暗号資産ライセンス取得

NY差し止め規制、米銀行向け暗号通貨即時発表。コーポレートガバナンス等について

ニューヨーク州、基準ステーブルコイン規制要件の発表



※この記事は「あたらしい」がロイターから経済ライセンスを受けて編集加筆したものです。
Coinbase to pay $50 million to settle NY state investigation, invest $50 million in compliance
Reporting by Susan Heavey, Hannah Lang and Jonathan StempelAdditional reporting and writing by Chris PrenticeEditing by Mark Potter and Lisa Shumaker

翻訳:髙橋知里(あたらしい経済

デザイン:一本寿和
images:iStocks/ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored