FTX前CEOサム、保釈金約330億円支払いに同意し保釈

SBF、約330億円で保釈

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの前CEOであるサム・バンクマン・フリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)氏が、米国で法廷に出席し、2.5億ドル(約330億円)の保釈金の支払いに同意したことが現地メディアの実況ツイートより明らかになった。

SBF氏はバハマの刑務所に9日間勾留されたのち、現地時間21日夜にバハマから出国し、米ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所へ直接身柄が引き渡されていた。

現地メディアによると、検察官であるニコラス・ルース(Nicolas Roos)氏は法廷にてSBF氏の保釈を提案した。保釈の条件は2.5億ドルの保釈金の支払い、GPSによる追跡、パスポートの引き渡し、自宅勾留などであった。

裁判官のガブリエル・ゴレンスティン(Gabriel Gorenstein)氏は「SBF氏にこれまでの犯罪歴がないこと」や「顔が知られているため、逃亡や金融取引が現実的でないこと」などを考慮し、この保釈案を承認した。

なお保釈金の担保には、スタンフォード大学教授であるSBF氏の両親が所有するカリフォルニア州の実家が設定され、保釈金の支払い期日は1月12日とされた。

SBF氏はこの保釈条件に同意。釈放が決定された。 

SBF氏は12月12日にバハマ警察によって逮捕され、13日に米国連邦検察によって起訴された。起訴内容は詐欺6件、マネーロンダリング1件、選挙法違反1件の計8件であり、その中には米国証券取引委員会(SEC)や米国商品先物取引委員会(CFTC)による起訴も含まれている。

起訴状の容疑は「被告の広範囲にわたる計画により、被告が設立した国際暗号資産取引所であるFTXに預けられた数十億ドルの顧客資金を不正に流用し、FTXおよび同じく被告が設立した暗号資産ヘッジファンドであるアラメダリサーチ(Alameda Research)への投資家や貸し手を欺いた」とされている。

SBF氏にかけられた容疑は「米国史上最大の金融詐欺の1つ」とされるほどの重罪であり、有罪判決が下された場合にはSBF氏に終身刑が言い渡される可能性もあるとされている。

なお米連邦検察はFTXの元CTOであるゲイリー・ワン(Gary Wang)氏とアラメダリサーチの元CEOであるキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏についても詐欺行為への関与の疑いで22日に起訴を行った。当局によると、両氏とも罪状を認め、捜査に協力しているとのことだ。

関連ニュース

アラメダ元CEOキャロラインとFTX共同創業者ゲイリー、詐欺罪の罪認める

バハマで逮捕のFTX前CEOサム、米国へ身柄引き渡しへ

米議会で暗号資産規制強化の機運高まる、FTX創業者起訴で

暗号資産メディア「The Block」CEO辞任、FTX元CEOサムのアラメダからの融資開示せず

ナスダック上場の大手マイニング企業コア・サイエンティフィック、破産申請

参考:Inner City Press
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored