アラメダ元CEOキャロラインとFTX共同創業者ゲイリー、詐欺罪の罪認める

アラメダキャロラインとFTXゲイリーが詐欺罪の罪認める

経営破綻したFTXの共同創業者ゲイリー・ワン(Gary Wang)氏と、同社姉妹会社のアラメダリサーチ(Alameda Research)元CEOのキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏が、起訴されていた連邦詐欺罪の罪を認めたことが12月22日発表された。

米ニューヨーク南部地区連邦検事のダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)氏の声明によると、FTX前CEOのサム・バンクマン・フリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)氏に対する刑事訴訟の一環として、ワン氏とエリソン氏は検察の捜査に協力しているとのこと。

これについてウィリアムズ検事は声明にて、FTXおよびアラメダによる不正に加担した自覚をもつ人物へ向け、当局へ出頭するよう警告を行っている。

なおCFTC(米商品先物取引委員会)の発表によると、ワン氏およびエリソン氏に関する修正訴状が21日にニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所へ提出されているとのこと。

「この書類には、SBFの指示により、商品取引所法およびCFTC規制の重大な違反に関与した2名(ワン氏とエリソン氏)の告発者の責任に関する譲歩も含まれている」とCFTCの執行局長代理のグレッチェン・ロウ(Gretchen Lowe)氏がコメントしている。

なお今回のウィリアムズ検事の声明では、バハマに拘留されているSBF氏がニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に直接移送され、できるだけ早くに出廷する予定だとも語られている。

関連ニュース

バハマで逮捕のFTX前CEOサム、米国へ身柄引き渡しへ

米議会で暗号資産規制強化の機運高まる、FTX創業者起訴で

FTX前CEOサム、詐欺・マネロン・選挙法違反など計8件で起訴

FTX前CEOサムがバハマで逮捕、米国へ身柄引き渡しか

FTX Japanへの業務停止命令が継続、関東財務局が再び行政処分

参考:CFTC
デザイン:一本寿和
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み