アラメダ元CEOキャロラインとFTX共同創業者ゲイリー、詐欺罪の罪認める

アラメダキャロラインとFTXゲイリーが詐欺罪の罪認める

経営破綻したFTXの共同創業者ゲイリー・ワン(Gary Wang)氏と、同社姉妹会社のアラメダリサーチ(Alameda Research)元CEOのキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏が、起訴されていた連邦詐欺罪の罪を認めたことが12月22日発表された。

米ニューヨーク南部地区連邦検事のダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)氏の声明によると、FTX前CEOのサム・バンクマン・フリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)氏に対する刑事訴訟の一環として、ワン氏とエリソン氏は検察の捜査に協力しているとのこと。

これについてウィリアムズ検事は声明にて、FTXおよびアラメダによる不正に加担した自覚をもつ人物へ向け、当局へ出頭するよう警告を行っている。

なおCFTC(米商品先物取引委員会)の発表によると、ワン氏およびエリソン氏に関する修正訴状が21日にニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所へ提出されているとのこと。

「この書類には、SBFの指示により、商品取引所法およびCFTC規制の重大な違反に関与した2名(ワン氏とエリソン氏)の告発者の責任に関する譲歩も含まれている」とCFTCの執行局長代理のグレッチェン・ロウ(Gretchen Lowe)氏がコメントしている。

なお今回のウィリアムズ検事の声明では、バハマに拘留されているSBF氏がニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に直接移送され、できるだけ早くに出廷する予定だとも語られている。

関連ニュース

バハマで逮捕のFTX前CEOサム、米国へ身柄引き渡しへ

米議会で暗号資産規制強化の機運高まる、FTX創業者起訴で

FTX前CEOサム、詐欺・マネロン・選挙法違反など計8件で起訴

FTX前CEOサムがバハマで逮捕、米国へ身柄引き渡しか

FTX Japanへの業務停止命令が継続、関東財務局が再び行政処分

参考:CFTC
デザイン:一本寿和
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表