イーサリアム大型アップデート「シャンハイ」での実装機能、開発チームが検討合意

「Shanghai」に実装される機能が検討合意

イーサリアム(Ethereum)財団のJavaScript開発チームが、メインネット大型アップグレード「シャンハイ(Shanghai:上海)」で実装する新たな機能について11月24日、検討合意した。なお「シャンハイ」は9月に実施された「マージ(The Merge)」後初の大型アップグレードとなる。

今回検討合意されたのは、コミュニティによって提案されたイーサリアム改善提案(EIP)のうち8つの提案だ。

中心となる「EIP-4844」は「プロトダンクシャーディング(proto-danksharding)」とも呼ばれており、イーサリアムのノードが一時的にオフチェーンデータにアクセス可能にする技術を実装するものである。これによりネットワークスループットが向上し、トランザクション料金の削減やスケーラビリティが大幅改善し、レイヤー2ネットワークがより低コストでトランザクションを発行可能になることが期待されている。

また「シャンハイ」アップグレードで注目されているのは、ビーコンチェーン(PoSのチェーン)にステーキングされたイーサ(ETH)やステーキング報酬の引き出しのロックを解除する「EIP-4895」である。この機能追加にはハードフォークを伴う大型のアップグレードが必要であることが分かっている。

またその他に検討合意された提案には、イーサリアムバーチャルマシン(EVM)に関するアップグレードとなる「EIP-3540」、「EIP-3670」、「EIP-4200」、「EIP-4570」、「EIP-5450」の他、安全性とビーコンチェーンとの相互作用強化の「EIP-2537」がある。

なお「シャンハイ」アップグレードは2023年中に行われることが分かっているが、正確な日程は今のところ決定しておらず、イーサリアム財団によると先日行われたマージ後6か月から1年の間に行われる予定であるという。

また「シャンハイ」アップグレードにあたり各EIPのテストを行う「シャンドン(Shandong:山東省)」テストネットは、10月18日にすでに公開されている。  

関連ニュース

イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース

イーサリアムがテストネット「Shandong」ローンチ、「Shanghai」アップグレードに向け

【速報】イーサリアム(ETH)メインネット「The Merge」成功、PoSへアップグレード完了

イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説

イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に

デザイン:一本寿和
images:iStocks/jaboo2foto・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された