イーサリアムがテストネット「Shandong」ローンチ、「Shanghai」アップグレードに向け

イーサリアムがテストネット「シャンドン」ローンチ

イーサリアム(Ethereum)が次期アップグレード「シャンハイ(Shanghai:上海)」に向け、テストネット「シャンドン(Shandong:山東省)」を10月15日ローンチした。

なお「シャンハイ」は、9月15日に実装された大型アップグレード「マージ(The Merge)」後初のアップグレードとして実施される計画だ。

今回立ち上げられたテストネット「シャンドン」では、「シャンハイ」におけるEIP(イーサリアム改善提案)候補のテストが行われる予定だ。

「シャンハイ」では、イーサ(ETH)のビーコンチェーンにおけるステーキングでロックされた資産を出金できる提案「EIP-4895」の対応が主に期待されている。

その他にもスケーリング対応やスマートコントラクトの拡張に関するEIPが検討されている。

ただし「シャンハイ」は来年2023年に実装する計画となっているが、具体的な日程はまだ決定していない状況だ。

なお直近で「シャンハイ」に実装するEIPについての議論が、10月27日の開発者会議で行われる予定となっている。

関連ニュース

イーサリアム(ETH)メインネット「The Merge」成功、PoSへアップグレード完了

イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説

イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に

ポリゴン、ゼロ知識証明活用Layer2のテストネット「Harmez」開始へ

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

参考:GitHub
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Dennis-Diatel-Photography

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ