ソフトバンク、投資先FTX破産は大きな影響がない「暗号資産分野の投資額は全体の1.3%」

ソフトバンクのFTXへの投資額は1億ドル

ソフトバンクグループが、投資先であるFTXグループの破産申請について「大きな影響がない」と明言した。11月11日に開催された2023年3月期 第2四半期 決算説明会にて、同グループ取締役専務執行役員CFO兼CISOの後藤芳光氏が記者からの質問に答える形で明らかにした。

同グループのビジョンファンド(Vision Fund)は、昨年7月にFTXのシリーズBとなる約9億ドルの株式での資金調達ラウンドに参加。また今年1月にはFTX USが約4億ドルを調達したシリーズAラウンドにも参加していた。

ソフトバンク後藤氏によると、両銘柄への合計投資額は1億ドルで、ビジョンファンド全体の投資額としては「極めて小さい」とのこと。FTXが評価を落としてもその影響は「大きくない」と後藤氏はコメントをした。

また後藤氏は、そもそもビジョンファンドはAIへの投資が方針であると説明しており、「暗号資産への投資は(同ファンドの)ビジョンと異なる為、冷静に見るべき」と話している。

その一方で「暗号資産ビジネスを通じた技術革新に繋がるブロックチェーンは、AIの将来についてもプラスになる」との見解を示した。ただし、そのような解釈でブロックチェーン分野の企業への投資はしているものの、その投資額はビジョンファンド全体の1.3%ほどであるとも述べられている。

また後藤氏は、自身が暗号資産への投資について「(社内での)最大の抵抗勢力の最先鋒」と話しており、今後についても暗号資産について批判的に見ている、と話した。

同氏は「(暗号資産について)我々のビジネスへの影響は極めて限定的。明確に申し上げる」と質問への返答を締めくくった。

関連ニュース

「FTX US」がソフトバンクらから約460億円調達、米国市場本格参入へ

暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ

デジタル不動産プラットフォームRoofstock、ソフトバンクやベイン・キャピタルから約280億円調達

コンセンシスが約530億円調達、テマセク、ソフトバンク、マイクロソフトらから

web3セキュリティー「CertiK」が約77億円調達、ソフトバンクとタイガーグローバルから

参考:ソフトバンクグループ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored