米財務省、トルネードキャッシュの制裁対象を明確化。開発者や創業者は含まれず

トルネードキャッシュの制裁対象が明確化

米財務省外国資産管理局(OFAC)が、北朝鮮の資金調達に加担したとしてトルネードキャッシュ(Tornado Cash)を制裁対象に再指定したことを11月8日に発表した。

トルネードキャッシュは暗号資産(仮想通貨)のミキシングサービスであるが、その特性をサイバー犯罪に関与した資産のロンダリングに利用されていることが問題視されていた。今年3月には、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」がトルネードキャッシュを利用してサイバー攻撃で得た資産をミキシングし、当局の追跡を困難にしていた。

これらの事実から今年8月にOFACは「財産および財産上の利益がブロックされている人物である北朝鮮政府に対して、実質的に支援を提供した」としてトルネードキャッシュを制裁対象に加えた。

この制裁により、米国在住者によるトルネードキャッシュの利用が禁止されたが、トルネードキャッシュの開発者や支援者が制裁の対象となるかが明確ではなく、暗号資産コミュニティからOFACに対して反発の声が上がっていた。

そのような声を受け、今回の再指定では、トルネードキャッシュに含まれる個人について明確な説明が加えられた。

OFACによると「現時点では、トルネードキャッシュの個々の創設者、開発者、DAOのメンバー、ユーザー、あるいはトルネードキャッシュの支援に関与するその他の人物は含まれません 」とのことだ。

ただし、引き続きトルネードキャッシュは制裁対象となっているため、トルネードキャッシュ上の資産は凍結されており、米国在住者がトルネードキャッシュを利用することはできないとのことだ。

OFACがトルネードキャッシュ全体を制裁対象とし、無実のユーザーの資産を凍結していることについて、今年9月にコインベース社員2人を含む6人のトルネードキャッシュユーザーが米財務省に対して訴訟を起こしている。コインベースはこの訴訟を支持しており、裁判費用を提供する意向を示している。

関連ニュース

コインベース、米財務省のTornado Cash制裁訴訟を支援

テザー社がトルネードキャッシュ関連アドレスを自発的に凍結せず、サークルの対応を批判

米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か

バイナンスがユーザーのための資産保険基金を10億ドルに拡大、市場混乱受け

「FTXによる混乱は暗号資産業界に内在するリスクを強調している」、米SECゲンスラー

参考:米国財務省
images:iStocks/Jon-Rehg

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した