バイナンスがユーザーのための資産保険基金を10億ドルに拡大、市場混乱受け

バイナンスがユーザー資産保険基金を補充

大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)が、ユーザーのための資産保険基金(Secure Asset Fund for Users:SAFU)を補充したことを11月9日に発表した。これによりSAFUの総価値は約10億ドル相当となったとのことだ。

バイナンスは2018年より、ハッキング攻撃などを受けた場合の顧客資産の保護を目的として、SAFUの積み立てを行っている。当初は取引手数料の10%をSAFUとして安全なウォレットに保管すると公表していた。

なおSAFUのウォレットアドレスは公開されており、ユーザーはどの資産がどれくらい保管されているかをリアルタイムに確認することができる。

バイナンスによると、2022年1月時点でSAFUの価値は約10億ドルに達していたが、その後の価格下落により、直近の価値は7.5億ドルに減少していたとのことだ。

バイナンスのCEOであるチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao / 通称CZ)氏はツイッターにて「最近の価格下落を受け、バイナンスはSAFUを再び10億ドルの価値に上昇させました。」と述べている。

補充後の内訳はBUSDおよびBNBが約7億ドル、BTCが約3億ドルとなっているとのことだ。

バイナンスは今月9日に、流動性危機に陥った大手暗号資産取引所FTXを買収する意向を明らかにしたが、10日にその判断を覆し、買収を撤回した。

関連ニュース

「手に負えない」バイナンスがFTX買収の方針を撤回

バイナンスがFTX事業買収の基本合意、ただ最終判断はデューデリ後に

FTX創業者サム、バランスシートの懸念を「虚偽の噂」と一蹴

米ジェミナイが、クロアチア、キプロス、ハンガリー、ルーマニア、スロベニアで暗号資産サービス開始

ドコモがweb3に6000億円投資へ、暗号資産発行やウォレット、交換事業も計画

参考:Binance
デザイン:一本寿和

images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達