「FTXによる混乱は暗号資産業界に内在するリスクを強調している」、米SECゲンスラー

「FTXによる混乱は暗号資産業界に内在するリスクを強調している」、米SECゲンスラー

ここ数日の暗号資産(仮想通貨)業界の混乱は、取引仲介業者が非常に多くの中核的機能を担っているため、業界に内在するリスクを強調していると、米国証券規制当局のトップが11月9日に伝えた。

証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は、大手暗号資産取引所FTXの財務の健全性に対する懸念を中心に、ここ数日の出来事を鑑みて、従来の金融市場の監視対象外で運営されてきた暗号資産業界のリスクを強調した。

ゲンスラー氏はHealthy Markets Associationのイベントで「暗号資産業界のリスクについては、この仕事に就いてから1年以上ずっと言ってきたことだ」と伝えた。

暗号資産は歴史的に規制のグレーゾーンに陥っている。現在FTXの顧客資金の取り扱いを調査しているSECは、民主党政権下で暗号資産業界のモニタリングを強めている。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
(Reporting by Chris Prentice; Editing by Chris Reese and Jonathan Oatis)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した