FTXグローバルに、アプトスの「Tortuga Staked Aptos (tAPT)」上場へ

FTXグローバルにtAPT上場へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たに暗号資産「トルトゥーガ・ステークド・アプトス:Tortuga Staked Aptos (tAPT)」の取り扱い予定を11月3日発表した。

その発表によるとtAPTは、現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはtAPT/USDとなっている。

また取引開始については日本時間11月4日の23:00(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金についてはすでに開始されている。

トルトゥーガ・ステークド・アプトス(tAPT)とは

tAPTは、トルトゥーガファイナンス(Tortuga Finance)が提供する、アプトストークン(APT)の流動性ステーキングに参加することで得られる預かり証トークン。トルトゥーガファイナンスは、アプトスブロックチェーン(Aptos)の流動性ステーキングプロトコルであり、tAPTはAPTとほぼ同等の価値がある。  

関連ニュース

FTXグローバル、マスクネットワーク(MASK)の無期限先物取り扱いへ

アプトス(APT)ウォレット開発のMartian、Race CapitalやFTXらから約4.3億円調達

韓国釜山市がGate. ioとクリプトドットコムと覚書締結、バイナンスやFTXらに続き

FTXグローバル、日本円(JPY)の無期限先物取り扱いへ

FTXグローバル、Klaytn(KLAY)とInjective(INJ)無期限先物取り扱いへ

参考:FTX
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ