FTXグローバル、マスクネットワーク(MASK)の無期限先物取り扱いへ

FTXがMASKの無期限先物取扱いへ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たにマスクネットワーク:Mask Network(MASK)を無期限先物取引で提供することを11月1日に発表した。

MASKの取引開始は2日の14時(UTC:世界協定時)より開始される予定とのこと。

対応する取引ペアはMASK/USD、MASK-PERPとなっている。なおPERPはDEX(分散型取引所)パーペチュアルプロトコル(Perpetual Protocol)を動かすためのトークンだ。

マスク(MASK)とは

マスクネットワークはユーザーがTwitterやFacebookを介して暗号化されたメッセージを送信できるようにするプロトコルだ。MASKの保有者は、MaskDAOと呼ばれる自律分散型組織(DAO)を通じて、エコシステムの取り組みに投票ができる。

MASKは現在、バイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase Exchange)、クラーケン(Kraken)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、フォビグローバル(Huobi Global)、MEXC、OKXなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)でも取り扱われている。現在のMASKの時価総額は約101億円となっている(11/2 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、日本円(JPY)の無期限先物取り扱いへ

FTXグローバル、Klaytn(KLAY)とInjective(INJ)無期限先物取り扱いへ

「Aptos(APT)」がコインベース、バイナンス、FTXに上場へ

FTX JPに「メイカー(MKR)」と「イーサリアムクラシック(ETC)」上場

保有暗号資産で決済可能「FTX Visaカード」、40ヵ国にサポート拡大へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和

images:iStocks/LongQuattro・KanawatTH

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察