UBS、従来取引所とブロックチェーンの両方で取引可能なデジタル債券発行

UBS、従来取引所とブロックチェーンの両方で取引可能なデジタル債券

スイス最大の銀行UBS AGが、3億7500万スイスフラン(約3億7000ドル)の債券の販売を11月3日発表した。その債券はブロックチェーンベースの取引所と従来の取引所の両方で、公に取引・決済される世界初のデジタル債券となったと伝えられえている。

その債券は年利2.33%の3年債となっており、スイスのシックスデジタルエクスチェンジ(SIX Digital Exchange:SDX)のブロックチェーンベースのプラットフォームで発行され、SDXとSIXスイス証券取引所に上場する予定だ。

このデジタル債券は、従来のUBS AGの無担保上位債券と同じ法的地位と格付けを有しているという。

UBSの財務担当役員ベアトリス・マーティン(Beatriz Martin)氏は「私たちは、分散型台帳技術を活用して、第1回目のUBSデジタル債券を立ち上げることができたことを誇りに思います。これは、新しい金融市場インフラの開発を支援する当社のコミットメントを示すものです」と述べている。

なおこのデジタル債券は、SDXの分散型台帳ベースの中央証券保管機関(CSD)ネットワークを通じて決済される。決済は即時かつ自動的に行われ、中央清算カウンターパーティを必要としない、とUBSは述べている。

また投資家は、SDX CSDで直接、または先月発表された運用リンクを経由してSIXでデジタル債券を決済・清算することができる。

なお欧州投資銀行(EIB)は昨年、パブリックブロックチェーン上で初のデジタル債券を発行している。

関連ニュース

FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功

UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始

スイスSDX、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供開始

スイスSDXが機関投資家向けインフラサービス提供へ、Fireblocksと提携で

スイス証券取引所(SIX)傘下のSDX、暗号資産取引所運営ライセンス取得

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
UBS launches digital bond that straddles blockchain and traditional exchanges
Reporting by Michael Shields; Editing by Kirsten Donovan
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored