FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功

FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功

投資ファンド取引処理のための分散型プラットフォームを提供するファンズDLT(FundsDLT)が、資産運用会社UBSアセットマネジメントと研究開発会社アイアム・ラボ(i.AM Lab)と共同で、ブロックチェーンベースの投資ファンド分配モデルの概念実証を成功させたことを10月20日に発表した。

ファンズDLTはルクセンブルクを拠点とする企業であり、ルクセンブルク証券取引所(Luxembourg Stock Exchange)、クレディ・スイス(Credit Suisse)、クリアストリーム(Clearstream)、ナティクシス(Natixis)の4社から支援を受けている。

同社はイーサリアムベースの企業向けブロックチェーンであるクォーラム(Quorum)を用いて、次世代の資金分配エコシステムの構築を目指している。

リリースによると今回の概念実証では、投資家のオンボーディングから取引、決済、送金に至るまでの一連の投資ファンド分配プロセスをブロックチェーンベースのプラットフォーム上で行うシミュレーションを行ったとのことだ。

その結果、すべての関係者が取引の状況をリアルタイムに確認できるようになり、ブロックチェーンベースの投資ファンド分配モデルの実行可能性とメリットを確認できたとのことだ。

今回の概念実証の結果について、ファンズDLTのCEOであるオリビア・ポーテンセイン(Olivier Portenseigne)氏は以下のようにコメントしている。

「投資家はより簡単な投資方法を求めており、資産運用会社はビジネスの変革と投資家層の拡大を可能にする長期的なソリューションを必要としています。そのためには、シームレスなデジタル分配、自動化、効率化に重点を置いた新しいモデルが必要です。ファンズDLTは未来へのルートを提供しており、UBSが我々と協力してくれることを嬉しく思います」

またUBSアセットマネジメントの製品戦略責任者であるパトリック・ヒューバー(Patric Huber)氏は以下のようにコメントしている。

「ファンズDLTと共同で行った概念実証実験の成功は、フロント、ミドル、バックオフィスにまたがるファンドのバリューチェーンの効率性、透明性、利便性を向上させる分散型台帳技術の有望な可能性を示しています」

参考:FundsDLT
デザイン:一本寿和
images:iStocks/liulolo・LeshkaSmok・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored