AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ

AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ

大手通信社AP通信が、チェインリンク(Chainlink)と協力し、経済やスポーツのデータをブロックチェーン上に記録し提供することを10月21日に発表した。

チェインリンクは外部データをブロックチェーンに接続するオラクルインフラストラクチャの構築を目指す分散型ネットワークである。AP通信がチェインリンクノードを構築して様々なデータを供給することで、ブロックチェーン・アプリケーションが実世界の情報を正確に反映できるようになるとのことだ。

ブロックチェーン・アプリケーションの開発者はこれらのデータを活用することで、チェーン上で行われるプロセスを自動化することができるようになる。たとえば選挙の速報や、企業の四半期財務の発表をトリガーとするスマートコントラクトの構築などが可能とのこと。

AP通信のブロックチェーン・データライセンス担当者ドウェイン・ディソールニャ(Dwayne Desaulniers)氏は同社のブログにて、AP通信がブロックチェーンを選択する意義について以下のように説明している。

「ブロックチェーンの根幹にある目的は、公的にアクセス可能かつ安全で堅牢な情報の記録を形成することです。AP通信は世界中で事実に基づいた信頼できる情報を提供する重要なソースであるため、私たちはこれをブロックチェーンのユーザーに信頼できるデータや情報を提供する機会と考えています」

チェインリンク・ラボのマネージングディレクターであるウィリアム・ハークラス(William Herkelrath)氏は以下のようにコメントしている。

「AP通信は、あらゆる形式のリアルタイムニュースにおいて、世界で最も信頼される独立系報道機関の1つとしての地位を確立しています。AP通信の大規模かつ継続的に増加する事実やデータのリポジトリとチェインリンクの実績あるオラクルインフラストラクチャを組み合わせることによって、新興のスマートコントラクト産業におけるイノベーションをサポートすることは理にかなっています」

AP通信はこれまでにも積極的にブロックチェーン分野に関する取り組みを行っている。2020年にはチェインリンクや分散型キュレーションサービスであるエブリペディア(Everipedia)と共同で、アメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録する取り組みを実施した。また今年5月には、米軍兵士が硫黄島に星条旗を掲げる写真をはじめとした、歴史的な瞬間をNFTアートとして発行している。

関連ニュース

AP通信、175周年を記念しNFTをオークション販売

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

参考:APAP Blog
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock・Maximusnd

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored