AP通信、175周年を記念しNFTをオークション販売

AP通信、175周年を記念しNFTをオークションにて販売

米非営利通信社であるAP通信が、同社の175周年を記念してNFTアート作品の販売を行うことを5月25日発表した。 

同社が販売を行う全10種類のNFTは、歴史上で有名となった写真を芸術的に表現したものとのこと。

最初に出品されるのは、1945年に硫黄島でアメリカ軍兵士がアメリカ国旗を掲げている写真を表現した「AP ARTiFACTS: The 175 Collection」と題された作品だ。

「AP ARTiFACTS: The 175 Collection」はAP通信の写真家であるジョー・ローゼンタール(Joe Rosenthal)氏がピューリッツァー賞を受賞した写真を、デジタルアーティストのマルコ・スタノジェビッチ(Marko Stanojevic)氏がNFT作品として制作をした。またこの作品にはバイオリニストであるニック・ケネリー(Nick Kennerly)氏のオリジナル曲を使用しているとのことだ。

なおこの作品は現在NFTマーケットプレイスのOpensea(オープンシー)にてオークション形式で販売されている。

参考:AP通信Opensea
デザイン:一本寿和
images:iStock/ClaudioVentrella

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した