トレードワルツ、デロイトトーマツ、バイナルが貿易実務電子化サポートサービス開始

トレードワルツ、デロイトトーマツ、バイナルが協業

ブロックチェーンを活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」を運営する株式会社トレードワルツが、デロイトトーマツ税理士法人と株式会社バイナルとともに、貿易実務の完全電子化と日本の貿易実務者のリモートワーク実現を支援する「電子帳簿保存コンサルティングサービス」に係る協業開始を5月27日発表した。

このコンサルティングサービスは、トレードワルツが貿易実務者との窓口となり、デロイトトーマツがコンサルティング実務を担当するとのこと。なお顧客の実態や予算に合わせ客観的なアドバイスを提供するため、バイナルやトレードワルツのサービスを使わない形での電子保存方法を提案する場合もあるとのことだ。

協業のイメージ

コンサルティングサービスの概要

協業の背景

あらゆるモノの流れに付随する貿易業務には、未だオフィスや行政機関での紙書類の処理プロセスが存在し、従前よりデジタル化の遅れによる業務効率の課題が指摘されているという。

またリモートワークが急速に求められる中で貿易文書を法的に認められる形で電子保存するニーズは高まっているとのこと。

そんな中、来年1月の改正関税法の施行により税関当局は電子帳簿の保存要件を緩和する方針を打ち出しており、日本国内でも貿易文書の電子化に向けた動きが急速に進むと考えられているが、実際に現場ではどのように対応すべきか戸惑いの声が上がっているとのこと。

そこでトレードワルツとバイナルは相互に補完しあう形で、電子帳簿の保存に係る要件を満たすシステムを構築し、デロイトトーマツは関税の専門家として解決策と客観的アドバイスを提供し、日本の貿易実務者が文書の電子保存へ移行できるよう取り組んでいくとのことだ。

参考:トレードワルツ
デザイン:一本寿和
images:iStock/OstapenkoOlena・Lidiia Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。