米フィデリティのビットコイン関連ファンド、約111億円調達

米フィデリティのビットコイン関連ファンド、約111億円調達

フィデリティが運用するビットコイン関連のパッシブファンド「ワイズ・オリジン・ビットコイン・インデックス・ファンドI(Wise Origin Bitcoin Index Fund I )」が投資家から約111億円(約1億200万ドル)を調達したことが、米国証券取引委員会に提出された書類によって明らかになった。

SECに提出された書類によると、このファンドに関連した最初の販売は2020年8月31日に行われ、それ以来83人の投資家がこのファンドを購入しているようだ。

また今月フィデリティは、ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジの子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループと米国の銀行が、今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であることも明らかにしている。

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStock/BadBrother・bluejayphoto

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している