分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

分散型情報キュレーションサービスEveripediaと分散型オラクルChainlinkが連携しAP通信社の米国大統領選のデータをブロックチェーン上で記録可能に

EOSブロックチェーン上の分散型アプリケーションサービス(Dapps)エブリペディア(Everipedia)が分散型オラクルネットワークを提供するチェインリンク(Chainlink)と協力し、アメリカ国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が報道するアメリカ大統領選挙結果をブロックチェーン上に記録できるようにすることを10月16日に発表した。

EveripediaはWikipediaのような情報キュレーションサービスで、正確な情報を提供してくれたユーザーにはトークンが配布される仕組みとなっている。

EveripediaとChainlinkは、EveripediaがChainlinkのノードを運用することで協力する。この協力によってEveripediaはAP通信社のAPIから直接データが送られてきたことを検証するために必要な暗号化証明に裏付けられたアメリカ大統領選挙データへのアクセスをスマートコントラクトに提供できるようになる。この検証可能なデータがオンチェーンで利用可能になることで、スマートコントラクトの開発者は、予測市場、デリバティブなど、来るべきアメリカ大統領選挙の結果に基づいた新しい金融商品を作成することができ、そのすべてを信頼性を担保し作成、実行、決済することができるようになるとのこと。

Everipediaの最高技術責任者であるトラビス・ムーア(Travis Moore)氏は「これはEveripediaのOracle As A Servixeを実際に利用した最初の事例であり、私たちがChainlinkを選択した理由はChainlinkが比類のない信頼性とインフラストラクチャの進化において業界標準であったからです」とコメントしている。

Everipediaのビジネス・ディベロップメントを務める(David Liebowitz)「AP通信社のような組織が何かに価値を見出したとき、彼らは物事を軽んじるのではなく、全力で取り組むのです。Everipediaはブロックチェーンベースのスマートコントラクトを使用するためのAPIデータを直接署名して公開した最初の企業となることで、歴史を作ることになります」とコメントしている。

Chainlinkのビジネス開発責任者であるダニエル・コチス(Daniel Kochis)は「Chainlinkはブロックチェーンと現実のデータの間の技術的ギャップを埋めようとしています。初めてブロックチェーン上にAP通信社の選挙戦のデータを記録されることは、Chainlinkの大きなマイルストーンとなります。これにより歴史的な選挙を追跡するための検証可能で改ざん防止の記録を提供することができます」とコメントしている。

編集部のコメント

EverpediaがChainlinkをオラクルソリューションとして採用した理由についてリリースに詳しく記載されています。Everpediaが各オラクルソリューションのリスクや価値、コスト構造など含めて分析をした結果Chainlinkが最も安全で信頼性の高いソリューションであることが分かったとのことです。

現在のChainlinkの特徴として(1)データが署名される(2)あらゆるブロックチェーンでの相互運用性(3)大規模なユーザー市場(4)堅牢なセキュリティの4つが説明されています。

大企業が保持するデータが改竄されることなく、ブロックチェーンへ記録され、保持されることはとても大きな意味があります。なぜなら多くのサービスプロバイダーがスマートコントラクトを通してそのデータをサービスへ利活用できるようになるからです。そのような潮流においてChainlinkは極めて重要なポジションにいると思われます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/maystra・vitacopS)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施