モノバンドル、インキュベーションプログラム「Nethergate」参加者募集

モノバンドルがインキュベーションプログラム「Nethergate」開催へ

NFTのAPIサービスやチケットNFT、コード監査などの事業を展開するモノバンドルが、インキュベーションプログラム「Nethergate(ネザーゲート)」開催予定を8月30日発表した。

「Nethergate」は「Day1からグローバルで検証可能なインキュベーション」をテーマとし、ロックチェーン技術を活用したプロダクトで世界を目指す起業家、開発者をサポートする事業検証プログラムとのこと。

このプログラムでは、既に世界で活躍するブロックチェーン領域の起業家、開発者を講演者、審査員として招き、約1ヶ月半の期間でチームビルディングからプロダクト設計までを行うという。

なおDemo Dayは11月にサンフランシスコで開催されるETH Globalで行われるようだ。賞金にはEthereum SanFranciscoへの渡航費相当となる100万円が付与されるとのこと。

「Nethergate」の募集要項として、「ブロックチェーン領域で世界を目指す起業家、開発者」であること、そして「11月4日から6日に開催されるETH Global SanFranciscoへの参加意欲がある方」と記載されている。

募集人数は50~60名の最大15チーム。募集期間は8月30日から9月12日。活動期間は9月23日~11月6日となっている。申し込みはこちら(https://nethergate.xyz/)の応募フォームからとなる。

なお現在公開されている一部の審査員として、モノバンドル代表取締役の原澤陽水氏、モノバンドルex-CTOの樽見彰仁氏、Cega.fi ファウンダー のあとい(豊崎亜里沙)氏、Coffee Times Kernel Kaito氏らが挙げられている。

関連ニュース

モノバンドル、企業向けNFTチケットソリューション「Hokusai Ticket」提供開始

【取材】NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応(日本モノバンドルCEO原沢陽水)

「F Ventures」インキュベーションプログラム、Filecoinの「Protocol Labs」と提携

F Ventures、web3特化インキュベーションプログラム「223」募集開始

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている